<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
さよなら三江線
JR西日本の三江線が本日をもって運行を終えて
廃線となりました

なぜもっと早くに乗りに行かなかったのか
悔やむばかりです
でも今日の日を現地で迎えることは叶いませんでしたが
何度か乗車できたのは良かったです

廃線はしかたがないんだと言えば
そうなのかもしれないのですが・・

線路に列車が来なくなり
バスに変わった
でもやがてひっそりと
そのバスも姿をけして
やがて集落から生活が消えて
地図から集落が消えてゆくのでしょうか

まぁ鉄ちゃんの感傷ですね
鉄路や公共交通機関に縁の無い町や集落は
山ほどあるので
車があれば鉄路やバスが消えても
影響は無いのでしょう



三江線に昨年末に乗りに行ってきた時の
写真をあげておきます

b0045109_23310438.jpeg
b0045109_23311790.jpeg
b0045109_23313082.jpeg
b0045109_23314556.jpeg
b0045109_23320677.jpeg
b0045109_23321915.jpeg
b0045109_23323491.jpeg
b0045109_23324882.jpeg
b0045109_23330007.jpeg
b0045109_23331653.jpeg
b0045109_23333010.jpeg
b0045109_23334531.jpeg
b0045109_23340135.jpeg
b0045109_23341855.jpeg
b0045109_23344657.jpeg
b0045109_23345760.jpeg
b0045109_23350991.jpeg
b0045109_23352614.jpeg
b0045109_23354385.jpeg
b0045109_23360044.jpeg
b0045109_23361313.jpeg
b0045109_23362825.jpeg
b0045109_23364069.jpeg
b0045109_23365543.jpeg
b0045109_23371091.jpeg
b0045109_23372270.jpeg
b0045109_23373532.jpeg
b0045109_23374535.jpeg
三江線おつかれさま

追記
地域間連絡の役目で言うと
次の廃線ターゲットが芸備線三次以東や
木次線となってもおかしくないです
でも
地域の人が乗らないのなら
他所から誘えないんですかねぇ
廃線ありきでいるから
人が乗るようになんて知恵も
でてこないんですよきっと




by makiof | 2018-03-31 23:30 | 日々の雑感
京都八幡の背割堤へ
今日は近鉄竹田駅に用事があったので
そのあしで八幡市の背割堤まで行ってきました
と言っても
家を出たのは15時過ぎていたんですが・・
竹田駅では書類をひとつ発行してもらう用事でしたので
あっという間に終わりました

すぐにホームへ戻り
丹波橋駅で近鉄からお京阪に乗り換えて
八幡市駅には16時過ぎくらいについたんでしょうか・・

駅から背割堤までは15分くらいです
電車の中からもチラリと見えていたのですが
近づく程に あぁ桜は咲いていないやって気配が濃くなってゆきます
まぁちょっと流石に早いんと違うかなと
思っていたのですが

でも悪いことばかりではありません
早めの時期だったからこその絶景がそこで出会えたと思います

日没が近い赤みを増した太陽光に
桜の膨らみきった濃いピンクの蕾にあたり
なんとも言えない雰囲気でした

そして何より人影がほとんど気にならないほど少なくて
あと5日ほどしたら人で埋め尽くされるであろう事が嘘のように
静かでした

桜の花は2〜3分咲きって感じでしょうかね
これはこれでいい時期に来れたような気がしてきました

b0045109_22545867.jpeg
b0045109_22551543.jpeg
b0045109_22553093.jpeg
b0045109_22554847.jpeg
b0045109_22560741.jpeg
b0045109_23024738.jpeg
b0045109_23030539.jpeg
b0045109_23032994.jpeg
b0045109_23040081.jpeg
b0045109_23041253.jpeg
b0045109_23045554.jpeg
b0045109_23063977.jpeg
b0045109_23072832.jpeg
b0045109_23074320.jpeg
b0045109_23075673.jpeg
b0045109_23080716.jpeg
背割堤の先端まで行ってみようかと思ったんですが
桜の枝越しにみえかくれする夕陽が綺麗だったので
途中で見返りながら引き返してきました

桜が満開の時期の背割堤は綺麗なんですが
その分木と木のあいだで人々が宴を楽しんでいて
路には人が溢れているんで大変です

夕陽は御幸橋に戻って来るまでに沈んでしまいました
それでも残照を映す川面が綺麗でした

今年の桜は東寺さんの不二桜を愛でて終わりかなぁ
最近どこへ行っても人でごった返していますしね
お金を落としてくれるインバンさんの邪魔にならないように
なるべく家でゆっくりしてようかって気分です




by makiof | 2018-03-25 23:53 | 散歩日和・・京都市内の散策
さくら咲く
今年も桜が咲き始めました

毎朝通勤の時に目にする桜の木も
日に日に咲く花が増えてきています
そんな本日は
仕事終わりに会社近くにある神社さんをのぞいて来ました
6〜7分咲きな感じでしょうかね
決してまだ早いって感じではもう無いです

桜を追いかけて大陸からようけのお人が押し寄せてくるんでしょうね
何をしに来られるのか知りませんが・・・
まぁ日本人と同じで花見に来るんだって言うんでしょうけど
同じなんでしょうか?

さくらのサは田の神さま
とか稲の神さんとか
クラは磐座のクラ
神さんが依代となる処を示す言葉とも聞きます

田の神さんが山から苗代作りの時を告げる為に桜の木に宿り
花を咲かせて農耕労働の季節の到来を告げて
さあ働けとばかり花を散らして山へと帰って行く

ほんのひと時
田の神さんと秋の実り収穫を願いつつ
しんどい農作業続く日々を迎える前にひと時
田の神さんと戯れる
そんなイメージが桜の花にはあるような気がします

思えば日本に暦と言うものが伝わって来る前から
日本人は自然が見せる森羅万象を手掛かりに
稲作や日々の暮らしをしていたと聞きます
山に積もった雪が斜面で解け始めてつくりだす模様を
人や動物に見立てた雪形や
さくらの開花を頼りに苗代をつくるとか

生活の基幹にある稲作と深く結びついた桜は
花々の中でも特に心に深く刻まれているように思います

桜の花と言えばパッと咲いて潔く散って行く
ってイメージも
さぁ仕事の季節の到来だ!って
意味で捉えると感じ方が変わるかもです

学校の入学式に桜が似合うと感じるのも
勉学の季節に到来を告げる象徴なのかもですね

何かの始まりを告げる花として桜の開花を待ち焦がれ
散る桜花に さてと始めるか と何処で気を引き締めている
意識してなくても

そう考えると
秋の紅葉も暦も天気予報もない時代には
きたる厳しい冬の到来を予兆させるサインだったんでしょうか
色づいた樹々がやがて葉を落としたら
野や山が雪に閉ざされる季節も遠くない
芝を集め寒さに耐える覚悟と準備を始めよというサイン
でもそんな季節の前のひと時
短くなった日差しの陽だまりで紅葉眺める

ただただ花に綺麗と浮かれてるんではなしに
その後に来る季節に備えてのひと時のリラックスタイム
農耕との直接的な関わりが薄くなった暮らしの中にいても
そんなのが精神的な遺伝子の中に
組み込まれているような気がするこの頃です

そう言えば
各地で桜の開花を告げる基準木はソメイヨシノ
ソメイヨシノは愛でるために品種改良された園芸種
綺麗ですけどね
でもやっぱり古来種が好きですね
花が小さかったり派手さは少ないですが


なんか取り留めのないことをつらつら書いてしまったなぁ
b0045109_23360218.jpeg
b0045109_23354982.jpeg
b0045109_23352968.jpeg
b0045109_23351665.jpeg
b0045109_00265339.jpeg
帰り道に東寺餅さんで季節の和菓子買ってしまいました

ちなみ東寺の大きな枝垂れ桜 不二桜は
本日二分咲きのようです


by makiof | 2018-03-25 00:30 | 日々の雑感
一泊の入院してきました
昨日は会社の健康診断
ここんとこ毎年この頃になると
恒例の事なのです

なにも身構える事もなく
健康診断も最後の一項目を迎えるまでは
流れる水のごとく・・・終わってゆき
もうすぐ終わる
取り敢えず昼までの虫養いの
パンでも買ってかじってやろうと企んでいたんですが・・

そう最後の一項目で
一泊する事になったのです

最後の一項目は胃カメラ
かと言って再検査とか要精密検査では無かったんです
マロリー・ワイス症候群と言う
具体的な症名は頂かなかったのですが
嘔吐刺激によって胃と食道の境界にキズが出来て
三箇所ほどから出血してるとの事で
映像を見ると確かに!

4ヶ月ほど前に過食嘔吐して
その時嘔吐物に血が混ざっていたのを
ネットで調べてみたら
状態とその後の痛みや苦痛が無ければ
勧めないけど放置しても問題は少なそう
みたいな結果を拾っていて
なので本人的には
あぁあれかぁと
あれってこうなっていたんかくらい
軽く捉えたんですが

健康診断を受けた病院としては
帰ってもらうわけには行かないとの事で

一晩入院してきました
健康診断前夜8時以降からの絶食が今日のお昼まで続いて
辛かったのですが
なんとか一泊で帰って来れました

そんなこんなで13時過ぎに退院して
取り敢えず会社に出社し
18時頃まで仕事をこなしてきました
しかし
今年の胃カメラここ数年では一番楽だったんで
ほんまマサカの出来事です

エズクような事が起きないように
飲食や風邪に気を付けないと・・・

なんか益々ポンコツになってきてるなぁ

取り敢えず入院費は
個室に入れてもらい処置費も含めて
2万ちょとでした
最初は4万位かなって話だったので
大分助かりました








by makiof | 2018-03-03 21:08 | 日々の雑感