カテゴリ:日々の雑感( 561 )
ヘルプマーク!
前から気になっていたヘルプマークなんですが
京都でもヘルプマークの配布が始まっていたのですね
たまたま先日会社から帰りに目にしまして
調べてみました
b0045109_10324947.jpeg
京都府のHPのスクリーンショットです
詳細は「京都でもヘルプマーク」の文字をクリック


ヘルプマークは元々は東京都が
提唱し始めた事業なんです
提唱され始め頃は
目に見えるハンディキャップを
もっている人が対象だったようなんですが
この頃は妊婦さんに加えて外からは
ハンディがわかりにくい内部障害を持つ人達にも
対象が広げられたようです
必要とされる人達が持ち易い環境が広がるのは
良い事だと思います

なので・・・・
一応自分も内部障害があると言えるので
ヘルプマークを持てる立場ではあるのかな?
と思うのですが・・・

自分の暮らす生活圏は・・・
この生活圏で持つのは難しいのかなぁ
なので持つ事はないです
なんか傷つく光景しか・・
想像出来ないです

個人的になんですが・・・
自分としては
普通に買い物しているだけ・・
なのに
店のスタッフに「こいつは物を盗るから気をつけろ」
なんていいつけてる者が跋扈してたり・・・
そんな悪い風評を流布してわまっている者に
直に遭遇したりする地域なので・・
つかこれ・・
これやらこれに抵触すると思うんですが・・
なんかある種の人権犯罪じゃないんですかねえ・・
あんまり人権人権て声高に呟きたくはないですが
いうても親告罪なんで・・・
出るとこ出ないと罪にはならない・・感じ
でも
名誉毀損や信用毀損な事を
したり顔で流布してまわっている人を
直接目にしても耳にしても・・
法的な相手にするほど暇はないんです
でもそのような事するものには
抽象的危険犯とか故意犯とか
詳しくはないですが
そんな犯罪名があるようですので・・・
腹のなかでそう思うだけで僅かな救いにしてます
とは言え
その流布を間に受けて
「マークしてるからなっ!」て
視線には死にたくもなりかけますけど・・・

その気がないものを
一所懸命マークしてるって事は・・
その分どこかが手薄になってる
って事と違うんですかね
と言うか・・
しっかりマークしてたら
黒か白か分かりそうなんですが・・
スリコミ決め付け差別指向の怖さですね・・
自分的には別に構わないので
存分にしっかりと自分を
マークしててください
こちらも
これからも区別して意識して置きますから

それと逝きたくなった時は
一人で悠々と逝かせてもらいますんで
道連れなんて必要無し
足手まといになるだけですから
なんで・・
そちらに関しては
安心して頂けたらと思います

まぁ自分は死にたく・・
なり・・かけるくらいで
済んでいますが
人によっては "引きこもり" になりますよ
実際に自分も平日は流石に
仕事があるので
へっちゃらな顔して外に出るんですが
休日はあんまり外に出たくないです
最近とくに・・
言いふらし魔と遭遇してからは
何処かで
死を受け入れてしまっているのかな
死とかと言うと大層なんですが
形を変えた引きこもり
前のめりに生きる事からの引きこもり
別に悟りきった気でいるわけでは
無いですし・・
まだ自ら逝こうとも思ってない・・
って言うか自ら逝かなくても
それなりに・・
内包しているリスクに任せていますので・・

ちょっと脱線が過ぎてしまいました

自分が変に
このヘルプマークのタグなんて付けたら
今住んでるエリアから
何を言われるかって不安もあります・・・
障害者〜と差別するような地域ではない
と言い切れるかどうかは判らないですが
それよりも
お前は病気を偽って
何の優遇を受けるつもりだって
言われかねないなって察しがつきます
これは地域が悪いのではなく
自分固有のキャラクターと諦めてますけど

ヘルプマークには
タグの提示で実際に
公共交通の割引があったりするようなので・・

なんか
ヘルプマークの負の部分も感じたので
つられて脱線してしまったみたいですね


なんかヘルプマークって
安心して付けられる人と
エリアを選ぶのかもですね
自分は例えヘルプマークを付けていても
もし体調を崩してうずくまったら
呼ばれるのは救急車ではなくて
不審者がうずくまっていると
平気でパトカーをよぶんだろうなって
漠然と感じるので
発作によってはその時点で
タイムアウト!
なのでヘルプマークは
あんまり意味ないかもです
まぁこれも地域というよりも
自分のキャラクターに起因するもの
なんでしょう・・

そんな状況になったら
なるべく声も立てずあっさり
静かに絶命してゆくのが
似合っているかと思います

自分にはそんな特殊な理由があるので
利用しませんが・・

ヘルプマークは見た目では分からない
ハンディを抱えて暮らす人にも
必要なセーフティネットだと思いますので
もっと広がって欲しいと思います


とはいえ自分の場合も・・
突破的な発作で倒れるリスクは
それなりに抱えているので
その時には救急車でもパトカーでも
好きな方を呼んでくれたらいいので
意識不明の状態になっていた時の
事後処理に役立ててもらえるものを携行したい
と言うことで自作しました
b0045109_10184620.jpeg
戻る事のない意識不明になれば
抜け殻を放置して逝くことになるので
それなりに用意は必要かと・・・
苦しんでいる時は助けてと言うヘルプマーク
と言うよりは・・
一応救急医療情報としてますが
まぁその辺で死んでいたらすんませんけど
処理よろしゅうたのんますって感じのタグとなります

by makiof | 2019-06-22 23:15 | 日々の雑感
老後の資金2000万不足問題・・・て
老後の資金が2000万不足しますよーって
問題なんですが・・・
無職の夫婦のひと月の収入が21万として
実際に支出される試算が26万で
確かに5万不足してますねぇ〜で
年金支給から30年ほど生存すると2000万ばかし
足りなくなりますよって話・・なんですかね

なんか
自分のところに届いている年金定期便だったっけ
これでみると貰えそうな金額は月7〜8万て感じ
単身世帯なんでどう捉えたら・・
いいのかわからないんですけど・・・
配偶者がいたとしたら幾らになるんやろ
なっても倍くらい?
倍あったとしても16万くらいかなぁ
と言う事は・・
26万の生活しようと思うと10万たりなくて
つまりは4000万不足しますよーって話なん?

と言うか・・・
年金で21万貰うとして・・の試算て
自分は日給月給制なんで
手取り21万以下の月もあったりするんですけど・・
国民に2000万も貯めさせるのかって
つっこむ気持ちより
老後になると
月21万の収入で暮らせないのないの?って
そっちの方に不安が募ります
まぁ二人世帯だときついのかぁ・・

単身で月7〜8万で考えたら確かにキツイですね

そもそも貧相な暮らししているものを
基準には出来ませんでしょうね

でもまぁ・・
自分の心臓て70歳まで耐えられるのかなぁ
なんか・・年金
掛け捨てになる気がして仕方ないんですけど
まぁ其れは其れでありなのかも



by makiof | 2019-06-14 20:07 | 日々の雑感
今日は令和元年の令月五月の晦日
令和元年を迎えた令月五月
そんな五月も晦日となりました
まぁ厳密に晦日というと三十番目の日
でも末日とか尽日と言う意味もあるので
今日を晦日と言っても
間違えてはないですよね

そんな五月の終わりを迎えたんですが・・
なんか長かったような気がします
日数的に変わりがあるはず無いのですが・・
なんか日々の暮らしには
何も変わりがないのに
でもやっぱり目や体感には感じないけど
なんかしら変化はあったなぁと言う
どこか気疲れに近い感じのひと月の長さ

気候も大きく移ろってゆく過程でもあるし
なんかちょっとしんどさもあるかなぁ

明日は6月朔日
あと1日仕事したら日曜です
もうちょい気張りましょっ!

by makiof | 2019-05-31 23:21 | 日々の雑感
丸山氏の発言・・
みんな酷い発言だって報道もコメンテーターも
一通りのご意見は一致してますね
でも・・・非難している人達の本音ってどうなんだろう
って疑問を感じてしまいます
平和国家を標榜する日本としては
捨て置けない許しがたい発言だって言い分も理解出来ます
でも・・
すわ戦争で取り戻せ〜って言うのの真逆の立場で
諦めの混ざったため息混じりの呟きともとれる言葉で
言うても本当のところ戦争でもしなければ
帰って来ないんじゃないかって誰も口に出せない
ところが皆の心の奥底にあるから
余計に丸山発言に対して叩きまくりたくなるんじゃないか
って感じてしまいます
戦争をするしないとか出来る出来ないなんて
次元では語りつくせない
どうにもならない諦め・・・

なんにせよ おロシアさんは
我がロシアの領土と思えば
どちらかと言えば平和な現代に
世界社会がウクライナの領土と認めているところへでも
武力を持って侵攻して国境線を変更してしまう
クリミア問題の当事国でもありますから・・・

もしかしたら
もし天変地異に近い奇跡で
北方領土が日本に返還されたとしても
それは北方領土でクリミアの悲劇がくりかえされる
いやロシアによる北方領土への再侵攻がくりかえされる
リスクも引き受けないといけない事になりそうな・・
不吉な予感さえ感じるんです

その時こそ
「戦争をしてでも取り戻す事に賛成ですか?」と言う
問いは重みを持つんだろうと思うんです

なんか北方領土返還て言葉では綺麗事で
平和友好の心で・・と言いますが
なんかそんな綺麗言葉では済ます事の出来ない
例え命のやり取りが無くても
外交は形の変えた戦争でもあるという
そこまでやりあう覚悟があるのかってところを
試されているようにも思えてきます

北方領土返還は日本国民の悲願でありながら
何処かでその悲願が叶う事への一抹の不安・・
その悲願が叶った時こそ
天真爛漫な平和讃歌とは違う別の平和の一面を
深く重みを帯びて突きつけてくるのでは・・・
そんな事を感じてしまいます

なんかREC(録音)トラップにかかってしまったような
丸山氏の失言なんですが・・・
結局のところ利を得るのはロシアなんでしょうね
日本は天真爛漫に平和友好なんて言うて
ロシアの顔色伺いながら擦り手揉み手で返還懇願していて
酔った勢いで戦争でもせな帰ってこないわぁ
言うたって事で政治家ひとり弾劾裁判の様相です
かたやロシアは日本なんてどこ吹く風風で
平気で北方領土に軍備を増強するは
軍事演習はするは
他の外国企業にどんどん貸し出して開発を進めているし・・
ロシア本土から移住を増やしていて
その上平気で戦争で勝利して得たものだって
声さえ聴こえてきます

なんか・・・
北方領土返還って日本はいくら言っても
結局は返還されないのかな
だってロシアって
我がロシアの領土だとなれば
例え他国の支配するところへでも
臆する事なく武力侵攻するタフなお国柄

今回の一件で丸山氏発言ではなく
その発言に対しての日本国内の反応をみて
あぁ別に今のままで大丈夫
なんだかんだ北方領土返還ってうるさいけど
まぁ適当に言わせておけば良し
って腹を括ってしまったんじゃないかと心配します

そうだとすれば
丸山氏発言はより罪が重いですね

追記・・・

先日テレビを見ていたらロシア・クナシル出身で
今は北海道に嫁いで来たと言う女性が出ておられました
出演を終える間際に子どもが出来たら・・
子どもには国後を何処の国とおしえるかの問いに
迷う事なくロシアと答えていました

現実です・・
それが彼女にとっては正しい選択なのです
だってそうやって教えられて暮らしてきたのだし
日本としては複雑ですが
だから余計に
戦争をしてまで取り返したいかと言う問いは
愚問であり犯罪に近いものかもしれません
でも
奪われた土地なのだから
今住んでいる人々からその土地を奪ってでも
取り返すべきか?
それが平和的なら問題ないのか

もちろん"問題あるはずが無い"と言う回答が正解
なのかもしれないのですが・・・

なんかどんな風に返還されれば良いか
イメージが繋がりません・・

すでに形成されているロシア人社会の中に
旧島民の方々を戻すのでしょうか・・
共存の道をとるなら言語や社会システムは・・
選挙制度や参政権は・・・
現実的には現在現住のロシアの市民を・・
無理矢理に退去させる事も
出来ない事も無いのでしょうけど・・
実際にはそんな事は出来ないと思うので

圧倒な人口比率に中で暮らす
日本人の姿が見えてくる気がします


そして・・・
どうしてもネガティブな感情
クリミアの残像・・
いきなりロシア侵攻があったのではなく
その前に住民投票でウクライナのロシア系住民から
ロシアへの帰属が決議されて
それに応じるようにロシアが動いたんですよね

北方領土は日本固有の領土です
ロシアへ返還を求めるのは当然の事です
でも・・・
平和とはなんぞやって考えなくてもよくて
ただただ"平和"と言う
霊感あらたかなお題目を唱えていれば
平安な暮らしを約束してくれるんでしょうか

でも・・・
せっかくの波紋なのに・・
戦争なんて以ての外と言うのは大前提・・でも
ならば「いかにして返還されるべきか」と言う
議論に繋がれば北方領土に感心も増えたのに
聞こえくるは議員としての首を飛ばす話しばかり
何処かで北方領土って話題はタブーぽいって
空気にならないように祈るばかりです

まぁ発端が最悪だからどうしょうも無いのでしょうか
北方領土の元島民でもなく縁もないものが
あーだこーだ言うたり書いたりして元島民の方々を
傷付けることになってもいけませんので
遠くの方から成り行きを静かに
特に声を上げるでもなく見守るべきなんでしょう

by makiof | 2019-05-24 23:33 | 日々の雑感
今日からやっと
明日からやっと
令和になって初めての連休です

30・1・2日と
改元跨ぎの就業3日が過ぎての四連休
とりあえずなんも予定は無いし
外に出たら外国からお客だらけやし
お邪魔になってもあきませんので
ひたすら引きこもりましょうか・・・

なんやか言うて3日仕事したと言うても
五月期の日給は22日分しかないですしねえ〜
とりあえずシマツせなぁ〜って感じです

とりあえずなんかゆっくりしたいです
でもまぁ
梅小路公園くらいには散歩に行こうかな・・



by makiof | 2019-05-02 21:20 | 日々の雑感
パリのノートルダム大聖堂の火災
今頃呟くのって感もありますが・・

海外に行った事の無い自分でも
存在はよく知っているノートルダム大聖堂が
火災に見舞われた事に驚きました

そもそも全部石造りじゃなかったんですねぇ

でも・・報道で気になる事があるんです
確かにパリの有名観光地で世界遺産である事には
違いないのでしょう
でも大事な事が抜け落ちている気がします

それは
そこが信仰の場で祈りを捧げている人が
沢山いる場所では無いの?という事
またそういう場が火災にあったという事
こころの拠り所と言うか・・

よくわかりませんが・・
やっぱり信仰の場と言うより
有名観光地で世界遺産なんですかね

京都も沢山の観光客が来て
文化財も沢山あるんですが・・
どこかで
有名観光地で世界遺産うんぬんでしか
語られないような空気に
なんか違うかなと感じていたところに

今回の火災報道です・・・
海外からのお客も沢山増えパリからのお客も
少なく無いと思うのですが
中には自分が手を合わせていた場所が
有名観光地で世界遺産で括られてしまった事に
なんか不快な思いを抱かないか
気にもなります

信仰心がないわけでは無いけど
ある意味で信仰に無頓着な日本人の感覚で
信仰心の強い海外での
信仰の場が災難にあったときの伝え方って・・
どんなんが正解なのかなぁ

まぁ日本国内で信仰の対象が災難にあっても
信仰を集めていた事より
どこかで大切な文化財が災難にあった方に
スポットライトがあたりがちのよう感じるので
なんかまぁ日本らしい伝え方なのかなぁと
思ったりもするんですが・・・



by makiof | 2019-04-18 07:45 | 日々の雑感
未練の桜
昨日の日曜は一日中雨
雨の中でも泣きの桜でもいいから観に行こうかと
思いながらも結局諦めたんですが・・
でもなんか
やっぱり見納めの桜が見たいと思って・・

今日の仕事終わりに近所の神社さんへ
明るさは残りながらも陽は落ちた後
ソメイヨシノはほとんど葉桜って
感じのタイミングで何しに来たんやって
不審に思われてもおかしく無いところなんですが・・
実際そんな気配を感じながらも・・
b0045109_20180626.jpeg
ここの翡翠色の桜を見ておきたくて
お邪魔してきました

咲いているか
遅かったかどうかなと思っていたら
満開だったのかなって感じでした
仕事を定時でほうりだして
まだ明るいうちにこれたら良かったんですが・・
しかし・・
なんか樹が小さくなっていました

これで今年の桜は終わり見納めにしましょう
市内の桜は・・・

という事で
名残の桜の和菓子とちょっと気の早い柏餅を
b0045109_21010125.jpeg
東寺餅さんで買って帰って来ました
ちなみに・・京都の柏餅の中身と言えば
もちろん白味噌餡です!
まぁ普通に小豆の餡が主流かもしれませんけど


by makiof | 2019-04-15 20:53 | 日々の雑感
あかね号引退
今夕のBSでの鉄特番で
近江鉄道のあかね号が取り上げられていました
令和元年5月6日で引退なんですね
b0045109_20010301.jpeg
正直思入れがあるかと言われたら
無いかなぁって感じなんですが
西武鉄道の赤電時代の電車がルーツとのこと
西武新宿線に縁のあるものとしては
なんとなく気になります

そう言えば西武線のコーポレートカラーと言えば
レモンイエロー・・・
でも世代のせいでしょうか
やっぱり・・・
b0045109_20085458.jpeg
車両は近江鉄道のものですが・・
この色じゃないでしょうか西武線と言えば
この車両も
なんとなく西武401系ルーツなんでしょうかね・・
という事は・・・近いんでしょうかね
ちなみ撮影は昨年の秋でした

by makiof | 2019-04-14 20:16 | 日々の雑感
桜が満開
昨日は久しぶりにまだ
空に明るさの残る時間に退社出来たので
近くの神社さんを訪ねてみました

数字前はまだつぼみだった桜は
どんな感じかなぁと思いつつ・・・

いやぁ満開ですねー
b0045109_10043946.jpeg
b0045109_09452493.jpeg
b0045109_09453676.jpeg
b0045109_09455192.jpeg

小さな神社さんなのに
アジアのお客がカメラを構えて
たむろしてはりました

まぁいいんですが
とりあえず参拝を終えて振り向くと・・
あからさまに被写体せんといて欲しいですなぁ
いくら珍しい光景か知りませんが・・

なんか春になると"きょうと"や"京都"は
この世から消え失せて
"kyoto"に染め上げられます
つか・・昨今の京都は年がら年中ですかね
ただ春はエゲツない状況になるだけ

世界人を魅了する
"人々で埋め尽くされた"華の喧騒の都
京都から離れて鄙の桜を探しにいきましょうか

京都の桜は海外からお客のものですんで
地元のものが邪魔をしたらあきません

来年はどうなるか分かりませんが
少なくともこの春
平成最後の桜は
穏やかで麗らかな桜が見たいです







by makiof | 2019-04-06 09:53 | 日々の雑感
願わくば花の下にて・・
今年もぼちぼち桜が咲き始めたようです

仕事の昼休みに郵便局へ行った帰り
職場近くの神社さんを覗いてみますと
ソメイヨシノはまだでしたが

早咲きの桜が咲いていました
b0045109_00334836.jpeg
今年はどの樹を愛でに行きましょうかね

天気もあるし休みも限られた中
この桜が今生最後になっても構わないって
樹に出会えたら最高なんですけど・・

今宵のNHK BSで放送された
英雄たちの選択は細川ガラシャでした
内容的には明智玉子(明智光秀の娘)の
物語と言った方がいいのかな
なんかラストのあたりちょっとウルっと来ました

辞世の句は

散りぬべき
時知りてこそ
世の中の
花も花なれ
人も人なれ

散る季節を知っている花のように
私もそうありたい

色々解釈はあるようですが
だいたいこんな感じみたいです

ガラシャさん?玉子さん?みたいに
覚悟背負っているわけではないですし
背負いもできません
そこまで世の流れに翻弄もされてません
でも
美しいかどうかは別として
散る時を意識しつつ日々を過ごすと
世の流れに清く身を任せられるのかな・・

信仰は人を救えるのか
と問いもありましたが・・・
神仏がたとえリアルな奇跡の救いの手を
差し伸べてくれなかったとしても
天知る地知る我知る
人智を超えたところで見ていてくれる存在が
そこにあると感じられたら
他者に悪く言われても何を言われても
自分を信じる力になって
救いにつながるって事なんでしょうかね・・

なんてね

by makiof | 2019-03-29 00:32 | 日々の雑感