産まないと言う選択もあるんです
産まないと言う選択もあるんです

いきなり重いタイトルなんですが・・

自分がどなたかを妊娠させたとか
そんな過去があるってわけではなく

自分を産んで10カ月でこの世を去っていった生母に
今でこそしなくなりましたが
ずーっと心の中で問いかけいたものなんです
それを今なんで?かと言うと

今週の「ケンカツ」の9話で登場人物の半田さんが
呟いたセリフでありまして
未婚で父親も明かさない子供を産むべきかと言うシーンでした

過去にケースワーカーとして担当した
未婚で懐妊された女性に
せっかく授かった命と背中を押したものの
その後その女性は出産を経て
虐待で逮捕されたと言うストーリー
それが背景となる先のセリフに繋がっているんですが・・

ふと・・蘇ってきた思いというか・・

今でこそ生母の
その選択が間違っていなかったかどうかは分かりません
でも
天界か冥界かはわかりませんが
なんかそのあたりの差配なのかなぁ・・
生母はもともと
自分を産んだ歳くらいまでの命という先天性の心疾患でした
本人さんはおそらく自ら余命は
わかっていたんじゃないか?とも聞きます
授かった命はこの世に産んで起きたい
と言うのがあってくれたのかなぁ

でも

せっかく授かった命なんだから・・
産んだ方が良いか悪いかなんて事は軽々しく・・
その命を最後まで背負えない他人が
どういえる事柄じゃないですよ
最終的には本人さんが選択して答えを出すしかないです
自分がしたり顔で言うことでもないですし
そもそもドラマのストーリーですからねぇ

自分が一人でいる理由のひとつに
病や色んな事由で自分がこの世を去って
小さい命と配偶者を誰かに託す立場になっても
小さな命の後は頼んだよと託される立場になったとしても
どうする??と言う自分への問いかけ

自分が死んだ後の事までどうにもならないし
託される立場になったなら
身を粉にしてもその命を背負わないといけない
事は分かっていても自分も再婚とか選択するんだろうか
その選択の後は自分は残され託された小さな命を
どこまで背負い庇いきれるのか

やっぱり自分が経験した事を重ねて想像してまい
自問自答の答えを出す事から・・・
まぁ逃げているんですが・・
そんなんその時になったら成るようになるって
先の事は分からないと
開き直れていたら
もうちょい楽に生きて来れたのかもしれません・・
まぁ成るようになるって
きっと父親はそんな気持ちだったでしょうかね
再婚も含めて・・・
父親個人的には確かに成るようになったんでしょうね
どう思っていたのか分からないですが・・
まぁどうにもならない事は仕方がなかったと言う事も
有ったのかもしれませんけど・・

なんか考え込んでしまった「ケンカツ」第9話・・です
しかもストーリーから脱線してまでして

しかしカンテレドラマは視聴率に寄せてきませんねぇ
そう言うことろ好きですよ

でもやっぱりこの先もひとりだなぁきっと
でもこの歳でひとりでいると
生きている事が不審行動なんですよね
市井の特異なおばさん達からしたら・・
(実際にご近所さんや店員さんに
こいつには気をつけろと囁く
冤罪仕立て屋おばさんが生息してるし
遭遇してますし・・
囁かれましたし・・
つか今の事ですしネットやそこらでも
ささやき倒しているんでしょう
ささやき冤罪仕立て屋おばさんからしたら
気に食わないものは人権剥奪しても
なんだったら自殺に追いこんでも
それでも構わないって感覚なんでしょうか)

こども?好きでも嫌いでもなく
なんか見ているだけで・・
と言うとそれ自体不審行動ですんで
視界に入るだけでエネルギー吸い取られる気がするんで
あえて言うなら苦手です
もしくは男色?それはごめんなさい
その気はないですし受け入れられません
そう言う道の人達を否定したり差別する気はないですが

でも女性は・・・なんか怖いです
まんじゅう怖いに近い心も正直ありますが
でもやっぱりどこか怖いです

皆が皆怖い女性ばかりじゃないと思うんですが
見極める能力がなさそうなんで・・
しかし・・
おっさんが一人でいると色んな目で見られるこの頃
もう少し鈍感力を鍛えないとですね



最近なんかスマホアプリの
exciteアプリで既稿の記事に
呟きを追記するとなんか下のタグが自動で書き込まれて
その部分だけ文字が小さくなるんだけど・・
<div><span style="-webkit-text-size-adjust: 100%;"><br>
</span></div>
タグ拾いの掃除が大変なんですけど・・







by makiof | 2018-09-13 07:09 | 日々の雑感


<< 一通の古い書類 色々あった一週間・・ >>