長谷寺さんから室生寺さんへ
本日は長谷寺さんから室生寺さんへ
花追い散策へと行ってきました

なんとはなしに飛び石連休どうしようかと
土曜日仕事の休憩中に気の向くままネットを彷徨っていまして
ふと室生寺さんの石楠花は流石にまだ早かろう・・と
思いつつサイトを覗かしてもらうと

もしかして見頃?
しかも長谷寺さんから室生寺さんへのシャトルバスも運行してる!
って事で

今日は早く起きて出かけようと思っていたのですが
結局グダグダと近鉄駅から乗り込んだのは
10時前の電車になってしまいました
大和八木駅で橿原急行から大和朝倉駅行きの区間快速で桜井駅へ

桜井駅からは初瀬街道を行く桜井市のコミュニティーバス乗りました
今は臨時で長谷寺駅から長谷寺まで乗せてくれる臨時バスもあるんですが
どうも連絡が悪いのでこちらのバスを選びました
まぁ昔は駅から急な坂道を歩いたものですが
なにぶん息が切れやすくなっているこの頃
楽させていただきました
b0045109_21071238.jpeg
ということで大和八木11:20発で桜井駅には11:27着
桜井駅北口から吉隠柳口 行きという
なんとも忍びっぽい行き先のバスに乗り込みました
b0045109_21194709.jpeg
バスに揺られること30分ほどで長谷寺参道口のバス停に到着です
b0045109_21075707.jpeg
下り坂とは言え長谷寺駅から国道までの歩きを端折れたのはありがたいです
ちょうどお昼も回った時間帯ですので参道のお店で昼食をとってから
入山させていただきました
b0045109_21225820.jpeg
b0045109_21234299.jpeg
b0045109_21254283.jpeg
b0045109_21261280.jpeg
b0045109_21274208.jpeg
b0045109_21281448.jpeg
b0045109_21284789.jpeg
b0045109_20505988.jpeg


b0045109_21295834.jpeg
b0045109_21303767.jpeg
b0045109_21311173.jpeg
b0045109_21321861.jpeg
b0045109_21324647.jpeg
今日がまさに絶頂のような牡丹の花に魅せられながら
ふと視線をあげると御衣黄桜が咲いていました
だいぶ赤味が強くなっていましたが
そのお陰で気付くことが出来たんでしょうね
b0045109_21364617.jpeg
こちらにも葉に隠れながら咲いているのは
糸桜でしょうか不断桜でしょうか・・
b0045109_21392080.jpeg
b0045109_21395953.jpeg
b0045109_21403495.jpeg
b0045109_21420771.jpeg
b0045109_20535233.jpeg

b0045109_21430712.jpeg
牡丹の艶やかさに負けず劣らず
新緑が眩しかったです
b0045109_21444002.jpeg
b0045109_21450635.jpeg
b0045109_21453744.jpeg
b0045109_20551859.jpeg
期間限定で大観音さまの足下に手を触れられる機会
ということでしたので
お参りさせていただきました
b0045109_21491906.jpeg
今願うことは今際の際まで仕事が出来ますように
(体が動かせますように)
そんなことをお願いしてきました
b0045109_21521538.jpeg
室生寺さんへ向かうバスの時間も迫ってきましたので
足早に門前までくだりました

長谷寺14:30発で室生寺バス停までは45分かかりました
室生寺バス停から室生口大野駅へ向かう最終が16:45
臨時のバス停からお寺さんまでがけっこうある!
あんまり時間もないので奥の院は
今の心肺ではちょっとハードルが高いとなぁと思い
五重の塔付近と石楠花の花を満喫する事で
納得させました

b0045109_22033436.jpeg
b0045109_22040007.jpeg
いま室生寺さんは色々整備されているようでした
b0045109_22054134.jpeg
b0045109_22060319.jpeg
b0045109_22071192.jpeg
b0045109_22075687.jpeg
b0045109_22083219.jpeg
b0045109_22091916.jpeg
b0045109_22131081.jpeg
b0045109_22140858.jpeg
b0045109_22144936.jpeg
b0045109_22170128.jpeg
b0045109_22181567.jpeg
b0045109_22191966.jpeg
b0045109_22195745.jpeg

b0045109_22203964.jpeg
写真中央に何か写り込んでいる・・
b0045109_22215369.jpeg
のかと思ったら木漏れ日ですね・・影ができているんで
b0045109_22235430.jpeg
b0045109_22314001.jpeg
b0045109_23225029.jpeg
バス停の写真が撮りたかったなぁって
運転手さんスタッフさんに話していたら
最終便のタイミングで片付けられるそうです
残念なんて事を言ってると
出してきてくれました!お手数かけてすんません


室生寺さんと長谷寺さんは中学校の修学で訪れた思い出の地です
わからないなりに気に入って
住む場所を京都に移した後はちかくなったこともあって
幾度となく訪れているのですが
なかなか花の良い時期に来れてなかったので
今年は良い時期に行くことが出来ました

石楠花は綺麗に咲き誇っている時の儚げに透けた花弁が
きれいですねアンティークガラスのような和紙細工のような
繊細な感じは摘んだら砕けるのでは無いかと・・
そんな事は無いこととわかっていても
そうも思わせる姿に魅了されます

それにしても今年は花の時期がだいぶ早いみたいです

追記です ー・ー ー・ー ー・ー

そしてなんといって
室生寺さんの御仏さん達が魅力的なんです
内陣の奥深くに御鎮座されておられるので
まじかで全容を拝ませて頂くのは難しいのですが・・
それでも垣間見せて頂くお姿には魅せられます
もう二十数年前に購入させていただきました
「室生寺の仏たち」の紹介です
b0045109_20573334.jpeg
b0045109_20592252.jpeg
b0045109_20595447.jpeg
室生寺さんが発行されてるものです
詳細は忘れましたが山内の窓口で購入したんだと思います
今でも発行されているのでしょうか
今回は確認する時間が無かったのですが・・

もしあればおススメの一冊です
中のページはやっぱり許可がいると思うので掲載できませんが




十代から二十代へ移行する頃
ハマっていた文学作家が堀辰雄
なんか室生寺が書かれていたように思って
改めて本「大和路・信濃路」を開いてみると・・
行きたいと思いつつ冬の空模様に断念してたんでした
もし冬空の下でこのお寺に来て
御仏たちに出会っていたら如何に表現したんでしょうか
秋篠寺の伎芸天がミューズなら・・・

って言う前に自分がいつか冬に
それも雪の積もった室生寺さんへ来て見たいんです

これを機会に堀辰雄作品を色々読み直してみようかなぁ
ちょっと重く感じる時期もあったので離れていたのですが・・・














by makiof | 2018-04-22 22:44 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ


<< 九頭竜川の河口から越のしろやまの懐へ ミニストップのサンド厚焼き玉子は >>