タグ:KOMA ( 36 ) タグの人気記事
Smatcog Koma!!
b0045109_2224091.jpgSmartcogさんKomaの生産止めてしまわはったんですね〜〜
ちょっぴり残念〜〜!!
でもオプションパーツの開発や消耗品の提供およびサポートは、
これからも続けてくれるという話も漏れ聞くので一安心ですが・・・
また
新機軸となる折畳み自転車の開発が遅れつつも本格生産に向けて、
準備段階に入っているようなので、
そちらを楽しみにするとしましょうか・・・

by makiof | 2008-05-27 22:25 | KOMAのカスタマイズ
Komaのサドルなんてかえてやる〜!
Komaに付いているサドル・・デザイン的にはかっこいいんですけどね・・
きっと今度買ったサドルよりも上等かも・・でも〜
自分としては長距離はつらいなぁ〜と感じていたんです

んで変えてみることにしました
Selle ITALIA の TRANS AM Xoってものに
ちょっと重くなりやぼったくなったかも〜〜
でもお尻の反応は一応良好・・つかがっつり走ってみないとわかんないんですが・・
b0045109_2102534.jpg

b0045109_2103954.jpg

ハンドルポジションもエクスチェンジャーの傾きを調整したら
b0045109_2134413.jpg

サドルの座り心地とあいまって乗りやすさがかなり改善した感じです!!
by makiof | 2008-05-03 21:05 | KOMAのカスタマイズ
komaで散歩〜七条から嵐山へ
なんとなくダラダラと”知っとこ”〜”せやねん”〜”たかじんの胸いっぱい”
〜”なんぼでなんぼ”とついテレビを見るでなくぼ〜見ていて
ふと気がつくと2時まわっても〜たやん・・・
こうなると今更感もでてきてだら〜っと一日家で過ごすか・・って
思うにはあまりものいい天気
最近勝手にリンク貼らせてもらった一見さんの会ブログでラーメン情報をあさっていると
いい感じの距離のところに興味深いラーメン屋さんを発見
七条大宮西入る南側”ラーメンゆう”さん!へ〜こんなことろにねえ
等と思いつつ訪ねてみました
b0045109_20135166.jpg

大将と女将とバイトさんが入ってはるのか
ちょうど「お疲れさまでした〜」といって若者が帰っていかはりました
味は    美味しい   と思います
ただちょっと自分には塩味が気になったかな・・・?
あとこの系の味だと岡崎の”一番星”が近い感じかなと思ったんですが
一番星のラーメン戴いたときほどの感動と美味しかった感は残念ながら
自分には感じられなかったです・・・
ていうか・・京都中で一番好きかもっていうラーメンが一番星なんで・・つい・・

食後は七条通りをひたすら西へとKomaをころがしてゆきます
この七条通り・・葛野大路?から先様相が一変します
両側で4車線道路が対向車との離合も難儀しそうなぐらい細くなり
まっすぐだった道も曲がりくねりながら民家の軒をかすめるように
桂大橋へと出てきます
桂大橋を渡らずに桂川河川敷を走る
嵐山木津自転車道へ合流して北に向かって走ったんですが・・
今日は向かい風がむっちゃキツくて往生しました

9号線に架かる”西大橋”を渡り自転車道は左岸から右岸へ移り
畑のなかを縫うように走り遠くの愛宕山の山容が見渡せるようになると
畑の中の走行から堰堤上の走行へとかわります
b0045109_20244635.jpg

b0045109_2035089.jpg

b0045109_20251363.jpg

b0045109_20253327.jpg

途中で松尾大社さんに立寄り

b0045109_20411468.jpg

b0045109_2041312.jpg


お参りをすませて嵐山へ・・
相変わらず人が多いです
渡月橋の写真もと思ったんですが
あんまり山盛り人さんがいるんであきらめてUターーン
もと来た道をもどり
七条大宮下るにあるサイクルショップ・イワイで
Komaのサドルを購入
はじめから付いているのに長いこと乗ると
お尻が痛くなるがたまらんので交換することにしたんです・・

まぁそれは別稿で・・・

そんなこんなで帰宅は17時過ぎ・・というより18時前って感じでした
by makiof | 2008-05-03 20:52 | KOMAで散策
KOMA変速機の調整
ずいぶんと前のkomaのチェーントラブルって・・・って記事の中でなんですが・・


>今朝おきてkomaの足回りをしげしげと眺めていると
変速機のワイヤーが伸びはじめていて
調整ネジでの範囲をこえているようなんで元から張り直そうと思い
六角レンチでワイヤーを固定しているネジを緩めようとすると・・・レンチがはいらへん!!
どうやって締め付けたのか不可解な角度でネジが取り付けてあります・・・

本体から変速機を取り外したらレンチが入るかと外してみるも・・・
変速機自体の構造上の仕様でやっぱり市販のレンチは足が長過ぎて入らず・・・
komaの変速機のワイヤーをいじろうと思ったら
レンチの足を短く切ってkoma専用レンチを作らないと不便やなぁ〜〜

なんてぼやいていましたが・・・
最近気がついたんですグリップシフトを2速にすれば・・
{六角レンチでワイヤーを固定しているネジを緩めようとすると・・・
レンチがはいらへん!!}ってところがすんなり解消
ちょうどいい位置にでてくるんです〜
ワイヤーを締め付けている六角レンチボルトが・・・・
まぁ今更って感もありますがw

この2速の位置で適度にワイヤーを張って六角レンチで締め付け
ケーブルアジャスターでワイヤーのテンションを調整するだけで
変速機はそこそこシフターとシンクロすると思います
*ただしこれだけではシンクロしない場合はロー&トップ調整ねじでの調整が必要です


つか調整しないとうちのKOMAの変速機も・・
最近ちょっと不機嫌気味だし
by makiof | 2008-04-23 19:22 | KOMAのカスタマイズ
吉野の桜・・KOMAをつれて〜
昨日の日曜日・・・
吉野へ行ってきました〜
今日の夕方のニュースで喧噪ぶりが報道されていてびっくりです
それはともかく
前日の岐阜に続いての早起きなんでかなり疲れましたが・・・

前日の岐阜から帰ってきてぼ〜っとテレビを見ていると
「もしもツアーズ」で吉野が紹介されました
へ〜明日まだ見頃そうなんだねと思うと急に行ってみたくなり
早朝始発の近鉄電車で西大寺行き〜橿原神宮前行き〜吉野行きと
普通電車ばかり乗り継いで8時ちょい過ぎに吉野駅に到着
だいたい始発の電車で向かえばまぁちょっとは空いているだろうと思っていたんですが
まぁ皆さん早起きな事!
橿原神宮前で乗り換える電車は大阪から来るんですが・・・
予想以上の乗車率・・・
吉野駅についてみると朝からまぁ賑わっている事
ロープウェイじゃなくて
どう見てもロープウェイにしか見えないケーブルカーで山上駅についてみると
朝からそこそこの人出・・・

b0045109_23211548.jpg

b0045109_23212830.jpg


b0045109_0163727.jpg

b0045109_2322147.jpg

b0045109_23222876.jpg



でもまぁ気を取り直して上を目指してきました

肝心の桜の方は流石に葉っぱが目立っていましたねぇ
奥まで上がればまだ蕾みとか・・
でもシンドイのでミクマリ神社までで引き返してきました
そういえば
途中おっちゃん・おばちゃんが”みずわけ”とか”すいぶん”神社とかいうてましたが
水分神社とかいて”みくまり”ですから!!

b0045109_23224423.jpg

b0045109_765159.jpg


あんまりの混雑ぶりに11時過ぎには山をあとにして
吉野駅まで降りてくるとどんだけ人がおるねん!とつぶやいてしまうぐらい
恐ろしく長い行列が結構広い駅前広場を埋め尽くしていました・・

あの人達は何時頃に山の上へいけたんだろうか・・
そして降りて来れたんだろうか・・・

早々に山を降りてきて正解でした
帰りも普通電車を乗り継いで帰宅は2時半頃でした

あと一応KOMA持っていったんですが・・
人も多くかなり急坂なんで上りも下りもほとんど押し歩きでした
でも走れるところもあって大分時間の節約にはなりました〜
まぁ半分KOMAネタ用に連れて行ったようなもんですがw・・





b0045109_2323739.jpg

b0045109_23232547.jpg


b0045109_23234171.jpg

b0045109_2324286.jpg

b0045109_23242083.jpg


b0045109_23243920.jpg

b0045109_23245151.jpg


by makiof | 2008-04-14 23:30 | 旅の徒然なるを
センターチェーンリングを換装しました〜
smartcogさんのHPにて新製品紹介されていて
むっちゃ気になっていたKoma用42Tのセンターチェーンリングを
LORO.W.Rさんで39Tから換装してもらい今日引き取ってきました〜
歯数が増えただけでなくてデザインも少しかえたんですね〜
平板に歯が刻んで有る39Tより感じいいです!ということで
LORO.W.Rさんのある丹波橋から自走して帰宅してきたのですが
ペダル踏んだ感じはかなり辛口になってこれまたいい感じです
フロントを36Tから39Tに換装したときよりガツンと足応えを感じます
(まぁまたりまえなんですが^^;)
それに従って走行感もスピード感が増してよりスポーティーな走りになったと思います
ただ・・・重くなった分長距離走行だと足へたれないかなぁ〜〜
とはいっても軽いペダルをくるくる漕ぐよりはマシな様な気もしますが・・・
走りにいってこないとあきまへんなぁ
今度の日曜日は晴れるかな??
あっ前日の晩は飲み会やった・・・天気よりもまず起きれるやろか・・・

b0045109_22581912.jpg


by makiof | 2007-12-05 23:01 | KOMAのカスタマイズ
近鉄平城駅から〜秋篠寺〜佐紀・佐保路〜平城宮跡へ
10日遅れの取り敢えずの写真だけですが・・(笑)
b0045109_23334641.jpg

b0045109_2334221.jpg
b0045109_23351568.jpg
b0045109_23354734.jpg
b0045109_2336812.jpg
b0045109_23365038.jpg
b0045109_23372385.jpg
b0045109_23374881.jpg
b0045109_23381179.jpg
b0045109_23383313.jpg
b0045109_2338562.jpg
b0045109_2339950.jpg

by makiof | 2007-11-14 23:39 | KOMAで散策
国宝 浄土寺浄土堂へ〜3
国宝 浄土寺へ到着したのが12:20分
ご住職のご友人解説ボランティアさんから詳しく浄土堂について解説していただいて
ふと気がつくと13時を廻ってます
お腹も空いてきた事だしそろそろ白雲谷温泉も気になってきたのですが・・・
時期は違ってもやはり透かし蔀戸から入り込む西日の照り返しを化粧屋根裏で受け
その反射光で表情を変えるという阿弥陀三尊をみたかったので今しばらく居る事に・・
とはいっても
話によるとこの日の一番いい光線具合になるのは15時頃とのこと
せっかくなので浄土寺から2kmほど?のところにある
広渡廃寺跡歴史公園へ行ってみる事にしました
今は礎石の残るだけの史跡公園となっていますが
ガイダンスホールが併設されていて広渡廃寺の解説コーナーがありました
b0045109_22285412.jpg

b0045109_22273912.jpg

この広渡廃寺は浄土寺とも重源上人とも縁の深い寺院だったとのこと
またその伽藍は広渡寺独特のものだったそうです
礎石の残るだけと書きましたが・・・
史跡公園の礎石復元の横には伽藍の縮尺模型が野外展示されていました
b0045109_22282757.jpg

史跡公園で遅めで簡単な昼食を済ませて再び浄土寺へ戻ると
14時45分・・・まだちょっと日が高めかなとのことでしたが
しばらくお寺さんの庭で佇んでいると陽が差し込んできたとの案内で堂内に・・・
暫し堂内に差し込む陽光と表情を変える御仏に見入りながらも
先の事を考えて15:20浄土寺を後にしました

ほとんど来た道を神戸電鉄小野駅まで戻ってきました
成り行きでKomaたたみホームへ上がるとちょうど電車が入ってきたので乗車といっても
一駅だけですが・・・隣の駅「市場」でおりて最終目的地の白雲谷温泉”ゆぴか”へ
向けてKomaで走り出しました
途中加古川を渡りJR市場駅で加古川行きの電車の時間を確認して
白雲谷温泉”ゆぴか”へ到着したのは16時ちょっと過ぎでした

b0045109_22294576.jpg

白雲谷温泉”ゆぴか”は大きな木組み構造の中のゆるい傾斜を下りた
半地下みたいなとことろにエントランスがあります
靴を入れた下足箱のキーと自動販売機で購入した入浴券をフロントに預けると
ロッカーの鍵を渡してくれます
入浴料¥600と買い取りタオル¥200分のチケットをフロントに渡してキーを受取り
脱衣を済ませて浴場にはいると・・・ものすごい混雑ぶり
洗い場はいっぱい!浴槽にもまさに芋の子を洗うがごとしって形容詞を使いたくなるぐらい
人が浸かっていました・・・
なんとか隙間をみつけて身を湯に沈めると・・・
特に特徴のないお湯です・・でもしっかりカルキ臭は感じられましたトホホ・・・
浴槽は内湯のノーマル・ジェット・源泉と大きな浴槽を3つに区切ったものと
内湯の外側に半露天風呂があり
こことは別のところで一旦外に出て階段を下りたところに露天の寝湯とジョットバス
覆い屋のついた打たせ湯にサウナが内と外に2カ所・・
お風呂の数は充実してるといえるのですが混みすぎです・・・

入浴時間40分ほどで上がり
そそくさと着替えを済ませてJR市場駅へ
この駅は無人の駅でしたが流石に自動改札はないものの
建物はきれいで自動券売機は設置されていていました
b0045109_2230717.jpg

17:16発JR加古川線”加古川”行きに乗り込み
流れで加古川駅で新快速”敦賀”行きへ乗り換えて家に帰り着いたのは20時前でした

疲れたけど結構充実した一日を過ごしたように思います
by makiof | 2007-10-31 20:42 | KOMAで散策
国宝 浄土寺浄土堂へ〜2
b0045109_22234799.jpg


国宝 浄土寺・・・正確には極楽山浄土寺といいます
鎌倉時代に焼失した東大寺再建の大勧進職(再建の総責任職)を勤めた
重源上人開山のお寺で宗派は真言宗になるそうです
この寺を語る時に必ず付いて廻るのが夕日に照り映えて赤く染まる阿弥陀三尊立像・・・
でもそれはちょっと違うようです・・でもその前に〜
b0045109_22242036.jpg

浄土堂の大屋根の覗かせる石段を登るとすぐに全容を見渡す事ができます
浄土堂は国内に現存する天竺様建築としては2棟しかないうちの一つ・・
「空間の行間」磯崎新/福田和也 著によると天竺様とは必ずしも天竺=インドではなく
「唐の奥にあるよくわからない存在としての天竺」と解説しています
きっとゴダイゴが歌った遥かユートピアとしての天竺につながるイメージですかね〜
まぁそれはおいておいて・・
外観から受ける印象はピラミッドのような屋根と一見シンプルなようにも見える壁面
全体にすっきりまとまった印象からそんなに大きさを感じられませんでしたが
建物の中に入ると外観からは想像出来ない広さを感じます
天井を張らず目に入るのは中央の阿弥陀三尊立像と台座と数台の棚
釈迦三尊立像と台座を囲むように4本の柱と特異な形状の梁ぐらい
四方の壁から天井裏の頂部まで見渡す事ができます
そして明るさ
といっても人工の光源はつかわず自然光だけなのですが空間の明るさを感じます
採光は西面幅いっぱいの透かし蔀戸からと南面一部の透かし蔀戸がメインとなりますが
四隅から天井裏の頂部まで光が届いている感じを受けました
そして西面幅いっぱいの透かし蔀戸を背にして立つ阿弥陀三尊立像も本来逆光なんですが
暗がりにならず充分細部までみられる明るさがありました
堂内の彩色に秘密があるようですね桟や柱は朱色に壁面は白色にそして
特徴的な四隅の梁と天頂部付近の梁の底部にも白線状に彩色があり
トップライトの効果をだしているように感じました

b0045109_2226167.jpg

b0045109_22345265.jpg

上の2枚の写真は特別に許可をいただいて撮らせて頂いたものですが
自然光のみでフラッシュはたいていません
ただ西側の透かし蔀戸が近いのとかなりの低速シャッターで写していますが
堂内の明るさとしてはかなり近い雰囲気がでていると思います


そんなこんなで興味深げに堂内を見て回っていたら
ご住職の代理で案内をされているご住職のご友人の方で
宗派は違うけど浄土堂に惚れ込んでいて頼まれたらことわれへんのやという方に
色々浄土堂について詳しく教えて頂ける機会を得ました
(この日は小野市の観光ボランティア?のガイドさんもいてはったのですが・・・)
ただ・・情報量が多く予備知識もあんまり無かったので・・
だいぶんオーバーフローしちゃいましたけど(汗)
建物の構造の特徴や重源上人の事など面白いお話そして始めの方で書いた
赤く照り映えるうんぬんの話・・・
重源上人が具現化したかったのは実は夕日に赤く照り映える三尊の姿ではなく
西面蔀戸から差し込んだ陽光が床面に反射して東面屋根裏にあたり更に反射して
阿弥陀三尊立像の正面を照らします
また阿弥陀三尊立像背面の蔀戸から入ってくる西日による逆光効果もかさなって光の中から
雲にのった三尊がさながら宙に浮かび上がったように見えるように
あたかも阿弥陀様が観音菩薩と勢至菩薩を従えて西方浄土より来迎にこられたさまを
目で見て感じられように建物・彫像・採光を駆使して具現化したとのことです
ベストな季節は8〜9月やや日が傾きかけたころ天候にもよるそうですが
条件が揃えば体験出来るそうです・・・
この日の陽光は・・・たしかに快晴でしたがさすがに盛夏の力強い陽光ではなく
秋晴れの穏やかな陽光と僕自身が感じ得るまでの精進不足で
浮かび上がる様は感じ取れませんでした・・・また出直しておいでって事だと思います

しかし・・・この浄土堂って考えようによっては日本最古のインスタレーション作品で
最も長く展開されているインスタレーション作品なんじゃないだろうかと思ってきた・・
もちろん創建当時にそんな概念はなっかただろうけど・・・
現代の芸術概念通じる事を考え出してしまった重源上人ってすごい・・・


建物としての浄土堂も興味深いのですが
阿弥陀三尊立像も特徴的です
阿弥陀仏は四本の木材を縦に組み合わせてあり
両脇侍仏もそれぞれ二本ずつ縦に組み合わせた木材から彫刻されているそうですが
阿弥陀仏・両脇侍仏は壇上に安置されているのではなく
阿弥陀仏・両脇侍仏の組み合わせた木材は地中まで伸び埋め込まれていているそうです
彫刻の際も柱状に起立した状態から御仏の姿に彫り込まれていったという記録があるそうです
浄土堂と阿弥陀三尊立像とは一体のものとして建立したのには
重源上人が表現したかった浄土思想を目に見える形で表現するためであり
表現の要である御仏の配置が後の世で一切の変更がなされないように
地面に固定してしまったのでしょう・・・(勝手な推測ですが・・)

b0045109_22243758.jpg

b0045109_22245517.jpg

b0045109_2225108.jpg

b0045109_22254691.jpg

b0045109_22312864.jpg


浄土堂は建久三年/西暦1192年(あっイイクニツクロウ!だ・・)に
天竺様の建築様式をもちいて建立され
阿弥陀仏・両脇侍/観音菩薩・勢至菩薩の阿弥陀三尊立像は快慶一派によるもの
昭和三十二年に解体修理が開始されるまで770年間一度も解体される事無く
風雪地異に耐え続けて荒廃はしたものの建立当時のすがたのまま持ち堪えていたそうです

昭和三十四年に解体修理をおえてから既に半世紀近くたっているのですね・・・



浄土寺へは小野市らんらんバスが便利かも・・アメニティ循環ルートで〜
by makiof | 2007-10-30 18:06 | KOMAで散策
国宝 浄土寺浄土堂へ
Komaを連れて兵庫県小野市にある古建築では知る人ぞ知る
天竺様式(大仏様:だいぶつよう)の建築物で
現存する2棟のうちの一つである国宝・浄土寺浄土堂を尋ねてきました

ここはかねてより一度尋ねてみたいと思っていながら
自力か公共交通に頼らないと動けないので足の便の悪いこの地は(思い込みでした・・)
とてもとても遠い場所であったのですが・・
Komaの力を借りてついに行って来る事ができました!!

28日は朝から晴天の気持ちのいい日曜日
かねてより行きたかった国宝・浄土寺までの地図をGoogle Earthで入手し
iPod touctに転送・・・この作業にちょこっと時間をとられて家を出たのが9時
京都駅までKomaで自走して乗り込んだ新快速が9:29発播州赤穂行きです

途中JR神戸駅で下車して徒歩で高速神戸駅へ
高速神戸駅から新開地駅まで一駅の乗車で神戸電鉄への乗り換えました

b0045109_22224827.jpg

新開地から鈴蘭台行き「小野行き連絡」10:45の普通電車への乗車です
しかし・・神戸電鉄・・初めて乗ったせいかたのし〜
地下鉄区間を終えて地上に出るといきなり山手の風景からほんまの山の中へ
ひたすら登って行ってるのがわかるくらいの傾斜を走ってゆきます
幾つかのトンネルをぬけると鈴蘭台駅・・この駅
途中の山間の風景からは想像出来ない住宅街の中にあるようです・・でも昭和の風情が
乗り換えの「小野」行きの電車はホーム向かいに停車してました
すこし年季の入った感じの味わい深い車両にローカル私鉄の風情を感じます
電車が走り出すと暫くは住宅地のなかですが
だんだん山深い景色に変わって行って木造校舎の学校まであらわれてくるので
一瞬神戸の街中から30分程しか経っていないのを忘れるくらいでした
なのでこれからもっと鄙の風情を楽しめるのかと車窓をみていると
なんとなく鈴蘭台からはなれるほど家が建て込んできて少しの驚きを覚えつつも
三木市を過ぎるとまた長閑な風景に戻ってゆきます
また車内はがらがら状態・・・やっぱり・・ローカル線のなかな?と疑問をもってみたり・・
b0045109_2223622.jpg

そうこうしているうちに小野駅11:45に到着です
車内ががらがらだから降りる人も一桁って感じでした・・・
b0045109_22232169.jpg

駅前でぱたぱたとKomaを走行状態に・・・
日曜の昼前なのに・・・昼前だからなのか・・人影が・・・
駅前からR175へ向かう道を本町郵便局まで走り斜め方向に住宅街へ入ってゆきます
地図上ではもう少し広い道のイメージだったのですが・・・一抹の不安を抱きながら
走行を続けるとT字路にでたので右折して道なりに真っ直ぐ走ってゆくと
浄土寺に辿り着くと地図を信じてペダルを漕ぎ続けます
いつしか町中を抜けて田園風景にかわってきます
路面状態もKomaのちっこいタイヤでも苦にならない程度です段差も
降りて越えなければならないような場所もなく快調な走りを楽しめました
R175を斜めに横切り尚も道なりに進むと若干の勾配が現れてきたので
根性いれたら3速でも乗り越えられない事もなかったのですが・・・
たらたらと1速で乗り越しました
勾配を下り切ったところに「国宝 浄土寺」の大きな看板が目に入って来ます
道を横断して回り込むように走ると階段越しに浄土堂の屋根が覗いてました
駅から30分ほどの走行で目的地の浄土寺に辿り着きました
b0045109_22234799.jpg


つづく>>>>

(小野市ではコミュニティーバスらんらんバス)を運行していて
浄土寺〜広渡廃寺跡〜白雲谷温泉ゆぴかを組み合わせて公共交通で廻るなら
アメニティ循環コースが毎日運行でおすすめの足になるかもです)
by makiof | 2007-10-28 22:45 | KOMAで散策