タグ:温泉 ( 3 ) タグの人気記事
2泊2日で東京墓参から足を伸ばして信州へ・・
この連休初日の土曜日・・
というのは世間様のお話で我が職場はきっちり定時まで仕事をこなして
翌日からの行動を良くするために土曜日前乗りって感じで
船橋に一泊して
次の日は2箇所の墓参を済ませたあと信越線周りで鹿教湯温泉に一泊し
本日は小諸・懐古園と草笛でくるみ蕎麦を頂き
月の名所・姨捨・長楽寺へと足をのばしつつ帰ってきました
もちのろんろん「鉄道の日きっぷ」で基本は鈍行列車の旅でした〜

まぁ前乗りは流石に新幹線使わせてもらいましたけど・・・

b0045109_23265498.jpg


そんなこんなでボチボチ追記って感じで綴ってゆきますので
興味のある方お暇な方は時々覗いてやっておくれやす〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10/13”旅”の一日目追記しました〜
    
10/20”旅”の2日目を追記しました〜
少々下の方になりますので・・スクロールをお願いします
追記分も含めまして投了です〜

つづきはこちらをクリックしてください〜
by makiof | 2011-10-10 23:28 | 旅の徒然なるを
18きっぷで 石見銀山と温泉津温泉へ4
今回お世話になった旅館・吉田屋さんは外湯の一つ薬師湯さんのほぼ真向かい
大正期に建てられたという趣のある佇まいです
投宿の記帳を済ませてお部屋へと案内して頂きまして
ほっとひといきです

b0045109_21354559.jpgでもまずはやっぱり一風呂っ!
ということでお向かいさんではなく・・泉薬湯さんへ
温泉津のお湯は熱いですよ〜という宿の女将さんの言葉の通り・・
確かに結構熱めのお湯でした〜
そして地元のおっちゃんたちがいっぱいw
あついよ〜とか冷やかされたりしてw

しかし浴槽や床がお湯の成分の堆積物なんでしょうか
まるで鍾乳石のようになっていて驚きました
はじめてみる光景ですね〜
b0045109_1857285.jpgお向かいの薬師湯さんへはしご湯〜
と思っていたんですが・・・
湯上がりのあまりにものほてりに・・・
ついついビールに手を出してしまいまして・・
といっても一番ちっさい¥100スーパードライですがw
なんかよ〜まわりました・・
考えたら朝5時から口にしたのってパン3個・・
ちょっと空腹すぎたんですねぇ・・・


という事で宿に戻ってほっこりしていると夕食の時間です
b0045109_21371051.jpg


この日の献立は〜
美千代さんのかぼちゃ煮
栄子さんのおくらの梅肉あえ
よしこさんのごぼうのきんぴら
とろモロヘイヤとめかぶ
艶子さんのなすの煮物
お野菜の天ぷら
かんぱち たい のお刺身
れんこ鯛の塩焼き
ごはん お吸い物 香の物 デザート

地元のお野菜がメインといってもいいくらいに
こだわりと愛着を持って作ってはるお料理です

なんかおなすの炊いたんがめちゃ美味しかった〜
b0045109_1853630.jpg
b0045109_21383818.jpg
写真にはなんか少なそうにうつちゃいました・・
もうこのころ写真は撮るけど・・上の空てな感じでして・・
ほんまおなか空いてたんです・・
でも食事を終えてお腹いっぱい&地酒・開春でほろ酔い加減で
一息ついていると・・
外湯が閉まるんで行くんだったら急いだほうが・・
って教えて頂き悩みつつも
お向かいの薬師湯さんへつかりに行って来ました〜

先の泉薬湯もなんですが地元の方に愛されていて
地元の方とともに時を歩んで来たお湯なんで
地元の方々の時間にあわせて営業されているんですね
だから朝は5時から・・でも夜は9時までなんです

あ〜肝心のお湯ですが
泉薬湯のお湯ほど熱くはないですが
でもやっぱり熱めでした〜〜
しかし浴槽の縁も床も温泉成分なんでしょうね
まるで鍾乳石のごとく堆積しているのには驚きでした
けしてぬるっとしているとか濃厚やなぁと感じるお湯ではないだけに
よけいに驚きでした




夜の温泉町の佇まい・・写真に撮るとドラマのセットのようです
b0045109_21464855.jpg
b0045109_23565113.jpg



翌日は5時過ぎの目覚め・・
とりえず泉薬湯さんで朝風呂浴びて部屋に戻ってくるも
目が冴えてしまったのでカメラを持って
朝の散歩がてら龍御前神社へ参拝してきました
本殿の右手奥の細い階段&坂道を登り詰めると旧本殿
せり出した岩の姿を龍に見立てたんでしょうか・・
なかなか不思議な存在感です

b0045109_21585663.jpg
b0045109_21592060.jpg
旧拝殿を背にすると・・
温泉津の町並と港が望めました
b0045109_2201349.jpg


b0045109_18594811.jpg散歩から帰ってくると
お願いしていた朝食の時間・・・
でもちょっとお願いして薬師湯さんへ〜
b0045109_21491350.jpg入浴してる人も少なかったので・・
ちょっとケータイでぱちりとさせてもらっちゃいました〜

b0045109_22204066.jpg風呂上がりに3階に上がらせてもらいました
薬師湯さんの旧館越しにみる町並もなかなか
よい感じでした〜
b0045109_2221680.jpg

b0045109_222420.jpg部屋へと戻り
朝食の時間です
イカの刺身おいしかったぁ〜
気になるのは・・
お醤油って地醤油やったのかなぁ〜〜?

吉田屋さんはいろいろ地域貢献などにも
力をいれてはる
なかなかいい感じのお宿でした
お世話になりました〜w


このまま温泉津をあとにするのもったいないなぁと思い
せっかくのなので”やきものの里”へ
町内バスのお世話になり歩かずに行けたのは助かりました

温泉津焼き・・というのがあったのですね〜
なんとなくガイドとかWEBでは目にはしていたのですが・・

温泉津焼きは民具として暮らしを支えて来た焼き物だそうです
やがて河井寛次郎氏や民芸と出会い
地の土を活かしながら今風の温泉津焼きとして
新しい魅力を出しているそうです

やきものの里では展示室もあり購入する事も・・・
ということで・・
今回も見るだけのつもりだったのに・・
コップを一つ買ってしまいました〜w
b0045109_223643.jpg
b0045109_223238.jpg
b0045109_2234193.jpg


そんなこんなで駅への近道のトンネルを抜け
駅前の通りへ出てみたものの電車の時間にもまだ余裕とのことで
昨夜戴いた”開春”の若林酒造さんへ行ってみる事に

b0045109_22153860.jpg
b0045109_22162135.jpgなんやかや4本ばかり購入w
とはいいてもどれも生酒ばかり
さすがに持って帰る事は出来ないので
送って頂きました〜


温泉津駅10:47発米子行きアクアライナーから新見行き普通電車
新見から姫路への直通電車へ乗り継ぎ・・
姫路からはおなじみの新快速で京都へ帰着〜〜

京都駅でもうしまってるだろうなぁ〜と思っていた551が開いてる!!
でも豚まんだけかぁ〜〜と不服って見るけど
しっかり2っ買って帰宅・・・
とりあえづ此処に帰宅の書き込みだけしてダウンです

なかなか遠かった〜〜


b0045109_2216580.jpgこれが”やきものの里”で購入の椿窯(兄)さんのコップです〜
青色のは沢山あったので赤は無いのかぁ〜
赤があったら買って帰るのに〜なんて思ってふと目に入ってしまった
このとき一個だけあった赤のコップです〜

by makiof | 2008-09-10 22:04 | 旅の徒然なるを
18きっぷで 石見銀山と温泉津温泉へ3
五百羅漢さん参拝のあとは
大森の町並を散策しながら大森代官所跡まで歩きました
鄙びた風情と往時の繁栄を思わせる町並に
カメラを構えながら20分ほどの散策で今は資料館となっている
大森代官所跡へ帰って来ました
本当はここをみてこそなんでしょうが・・
時間の都合で門から中をうかがうだけとなってしまいました・・

b0045109_2153554.jpg
b0045109_2161758.jpg
b0045109_2165027.jpg
b0045109_2173366.jpg
b0045109_2175359.jpg
b0045109_2184271.jpg
b0045109_2194831.jpg
b0045109_19201641.jpg


大森代官所跡バス停16:10発の仁万駅行きで石見銀山を後にしました
JR仁万駅では35分ほどの汽車待ちです・・
16:57分発のワンマン快速・アクアライナーでJR温泉津駅へ
10分ほどの乗車でJR温泉津駅到着
取り敢えず写真をとカメラを向けると・・・
駅というより限りなく農協さんですなぁ〜w


b0045109_21284915.jpg
目指す温泉街は
駅から正面に見える小高い山の反対側なので
一旦漁港を目指してから山を廻り込むように歩いてゆきます
b0045109_21295724.jpg港に出る手前にあった小浜(こはま)温泉
ここは冷泉を湧かしているお湯だそうですがなかなかいい感じの雰囲気です
一風呂浴びたい気分だったんですが・・
肝心の温泉街へはまだありそうなので先を急ぎました〜
b0045109_1946450.jpgこじんまりとした湾にそって歩いてゆき
歓迎の看板と温泉街への案内にしたがいます

b0045109_2131966.jpg道が湾から離れると
時がゆったり流れているような道並みへと変わり・・・
b0045109_23551224.jpgオレンジ色の温泉津温泉の看板をくぐって暫くと進むと
特徴のある薬師湯の建物がめにはいってきます

by makiof | 2008-09-10 21:16 | 旅の徒然なるを