タグ:日帰り温泉 ( 16 ) タグの人気記事
1泊2日で戸隠へ〜詳細編
10月29日の土曜日は仕事が休みの久々の土日連休となりまして
折角の秋の連休なんで信州へと思い
20歳の頃に一度訪れ
でも残雪で奥社へは辿り着けなかった戸隠再訪の旅へと行ってきました〜

b0045109_14161718.jpg


長くなりますので続きはこの文字列をクリックしてください〜〜
by makiof | 2011-11-03 16:44 | 旅の徒然なるを
一泊二日で戸隠へ
この土日の週末は仕事が休みの連休ということで
20歳のころGWのころ一度訪れていて
あまりの積雪に奥社へは辿り着けなかったので何時か再訪を誓い二十数年・・

今回やっと宿題を終えてきました〜
でも・・・時が経つと思いもよらない事もあるもので・・
著名なスピリチュアリスト氏の紹介もあり人気急上昇中
もはやパワースポットのパワーも人混みの雑踏と砂埃の中・・
マンパワーにまみれて蹴散らされてしまったのか・・・
まぁ訪れた時間がわるかったのでしょう・・・
自分にはそのパワーも気のようなものも受け取る事はことは出来ませんでした
でもまだその”気”のようなものを受け取るにはまだ早いって感じって事で
更にまたブームが過ぎ去って静寂が訪れた頃の再訪を誓って来ました

しかし・・・パワースポットなる場所に団体ツアーでってどうなんでしょうねぇ・・
自分で公共交通なり自家用車なりなんなり工夫して辿り着いてこそだと思うんですが・・
つか・・単なる観光スポットになってしまっているんでしょう・・
残念ですが・・でもまぁ愚痴はやときましょ

そんなこんなで例のごとく・・
またまた追記にてぼちぼち詳細はアップいたします〜
まずはご報告まで・・

b0045109_22431189.jpg


おまけに帰りはこんな列車にも乗ってきました〜
b0045109_22433742.jpg
下呂駅25分停車のあいまにて・・
しかし・・48にこの化粧はなんか違和感感じるのは自分だけかなぁ
どっちかというと旧急行色がしっくりくるイメージなんですけど・・

by makiof | 2011-10-30 22:14 | 旅の徒然なるを
1泊1日で大牧温泉日帰りコースへ行ってきました〜
本日は「鉄道の日記念きっぷ」最終日ということで帰路はたっぷり鈍行
行きしは昨日土曜日の仕事が終わってからサンダーバードに乗りまして
城端線を乗り継ぎ
砺波まで移動しまして一泊
大牧温泉観光旅館の日帰りコースを堪能してきました〜
詳細はまたおいおいと・・・

b0045109_23522677.jpg


本日は報告まで・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10/25追記にてようやくの旅の詳細編です〜
  ↓  ↓  ↓  ↓

遅ればせながらの詳細はこちらをクリックしてください
by makiof | 2011-10-16 23:53 | 旅の徒然なるを
加賀・那谷(なた)寺から山代温泉へ〜
本日は加賀・那谷(なた)寺から山代温泉へ〜
泊まったつもりで日帰りで行ってきました

ふと何気なくぱらぱら見していた一個人の奥の細道特集で
その特異な奇岩景勝の庭園にどうしても行ってみたくなって・・
行ってきました〜

といっても今日は見たいドラマがある・・
見れてもワンセグなんですが・・まぁそれでも特急を多用して行ってきました〜

帰りは山代温泉古総湯・総湯に浸り温泉気分も味わってきました



b0045109_1818428.jpg
那谷寺・奇岩遊仙境





詳細はこちらより〜
by makiof | 2011-09-24 00:07 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
18きっぷで 道後温泉へ 往路編
3/28〜29の会社の休みを使って
18きっぷを使って道後温泉まで行って参りました
道後温泉へは五年前の「18切符旅 道後温泉 金毘羅宮参拝」
以来の二回目の旅です

前回は初めての道後と言う事で
早めスタートで寄り道もせずでしたが・・

今回はちょこっと寄り道してますw

more機能を使っています〜
続きは↓↓↓をクリックしてください〜

more 続きはこちらから〜〜
by makiof | 2010-04-02 00:05 | 旅の徒然なるを
伊弉諾神宮から城崎温泉・一泊二日18きっぷ旅〜2日目
倉敷に天然温泉?どんなんやろ・・・
まぁあんまり期待はしていなかったんですが
なかなかどうしていいお湯でした〜
そのかわりめっちゃ混んでいましたけどね・・
このホテルチェーンちょっと今後も使ってみたいです

さて2日目なんですが・・
この日は久し振りの乗り鉄モードで岡山から津山線を北上して津山へ
津山から因美線に乗り換えてさらに北上し鳥取へ
鳥取からは山陰本線で城崎温泉でひとっ風呂浴びて京都へ・・

ということで
ホテルを8時過ぎにチェックアウトして
まずはさらっと美観地区へ・・

b0045109_18213465.jpgb0045109_18223296.jpgb0045109_18224984.jpg

ちょっとモノクロで遊んでみました〜
b0045109_1823529.jpgb0045109_1824733.jpgb0045109_18242251.jpg

せっかく倉敷に来たのだから大原美術館ははずせない!・・んですが・・
あいにくの休館日でした・・

駆け足で美観地区を散策して倉敷駅へ〜

9:19発の電車に乗り込み岡山へ移動〜

b0045109_1829451.jpg岡山からは津山線を北上する「快速ことぶき」で津山へ
進行方向左側に座ってしまったんですが
右側車窓に見えている旭川の流れにちょっと失敗したか・・
と思っていると福渡駅からの車窓は
座っている左側の方が良くなってきましたw
b0045109_183055.jpg

そうこうしてる間の10:56津山到着です
b0045109_18302066.jpg津山と言えば・・
岡山ケンミンフード&B級グルメで
名を馳せるのが”津山ホルモンうどん”!!
焼うどんの一種なんでしょうけど〜探し出して食してみたかったんですが・・
さすがに乗り換え40分ではどうしようもなかったです・・
というか駅前ちょっと寂れ過ぎです・・

(1/25やっとこさっとの追記〜)
ただ・・津山の旧市街地が駅から離れているんですよね〜


b0045109_22445715.jpg津山駅からは因美線です
まずは小さなディーゼルカー智頭駅へ
b0045109_2249596.jpgb0045109_22492732.jpg
b0045109_2250469.jpg沿線は雪景色かな〜
と期待していたんですが・・
まったくの期待はずれ・・
で智頭駅に到着です

b0045109_22542327.jpg智頭駅からは
智頭急行線のモノと思われる車両で
鳥取へと向かいます

この路線こそ
分水嶺越えをするんで雪景色を期待してたんですが
まぁ一応それなりの雪景色は
見れたんですが・・
まぁ天気よかったからね〜


b0045109_22583433.jpg鳥取駅には13:40到着でした
駅の外に出てみると・・
さすがに雪ありました〜
いつ降ったものかは解りませんが


このあとは浜坂駅へ向かうのですが・・
取り敢えず腹ごしらえしないと
ということでふとホームの先に”砂丘そば”の文字
駅の立ち食いそばなんですが出汁は”あごだし”
なかなかシンプルだけど美味でした〜


b0045109_2395581.jpgで浜坂行き列車に乗るべく
ホームを歩いていると!!
鳥取ケンミンフードの”とうふちくわ”を発見!!
しっかり購入〜
車窓を見ながら美味しく頂きました〜
やっぱり豆腐の風味がしてました


浜坂駅では4分ほどの連絡で豊岡行きに乗り換えです
この列車のハイライトは餘部橋梁なんですが・・


b0045109_23195445.jpgb0045109_23201231.jpgお〜そろそろや〜って
カメラを構えているとあっという間に通過・・
昔は徐行して走行してたはずなんで
もうすっかりコンクリ橋梁に切り替えられたみたいです


そうこうしている間に城崎温泉駅には16:07着です

b0045109_2326475.jpg取り敢えず1時間の途中下車で
駅前の”里の湯”へ浸かろうと思っていたら休館日〜
ここで温泉あきらめられないので地蔵湯へ
バタバタしながらですが取り敢えず30分は浸かれましたv


途中酒屋さんでKIRIN FREEを入手し
駅まで帰ってくると・・
ちょっと高め¥1600だけど・・惹かれるかにすし駅弁!
迷いながらも購入〜


b0045109_23332565.jpgさすがに美味しゅうございました〜
で・・これがこの日の晩ご飯でありました〜


途中福知山・園部と乗り継いで京都駅には21:16到着でした〜
by makiof | 2010-01-07 18:49 | 旅の徒然なるを
18きっぷを握って郡上八幡へ
盆休み初日の昨日はまあまあの天気に予報も上々
といって遠くを攻めるには起床遅めで
7時も過ぎてる
さあどうするってことで思いついたのが郡上八幡
サクッとググりいの携帯サイトで乗換調べ〜ので
京都駅7:54発近江塩津行きに乗り込む
新快速の車内ではさほど感じなかった混み具合も米原駅につくやホームは大混雑
4両編成の大垣行きの車内はちょっとしたラッシュ状態でした
まぁ大垣から先の電車は長編成の新快速だったんで暫し座らせて頂きました
この先岐阜で高山本線に乗り換えて美濃太田でさらに長良川鉄道に乗換です
長良川鉄道はサンセク路線なんで18きっぷはつかえません
b0045109_17473735.jpgb0045109_17475557.jpg
b0045109_17523691.jpg


郡上八幡まで¥1610を券売機できっぷを購入して20分近くの連絡待ち
11:40ようやく美濃太田を後にしました
b0045109_17571959.jpgb0045109_17573582.jpg

刃物で有名な関市を過ぎたあたりから長良川沿いを右に左に走りながら
12:58郡上八幡駅到着です
b0045109_1843675.jpg


郡上八幡駅はこう見えても無人駅
長良川鉄道は中途半端に駅員を配置せずその代わりに車掌を乗務してるようですね

郡上八幡駅から市街地はやや離れているので
まずは町中へ向けて歩き出しつつタクシーを探し・・
見つけた案内所でお城までの料金を尋ねると片道¥700くらいとのことで
お城のねきまで送って頂きました
実際の料金は¥860くらい
山城のお城のまで歩いて汗だくになることを思えば・・ですw
b0045109_18144220.jpgb0045109_1815316.jpg

b0045109_18154421.jpg

ちなみに郡上八幡城の天守閣その他は再建です・・
でも日本最古の木造再建城郭とのことですが景観は大垣城を参考してるとのことです
(が肝心の大垣城の再建城郭は・・記憶が正しければ鉄筋コンクリートだったような)
再建城郭でありながも故司馬遼太郎氏がこの景観を高く評価していたとのことです

b0045109_18161668.jpgb0045109_18163281.jpg

b0045109_1817647.jpg


b0045109_18174268.jpgb0045109_18175622.jpg

b0045109_18183686.jpg


b0045109_1819564.jpg


b0045109_1819501.jpgb0045109_1820638.jpg
b0045109_18203778.jpgb0045109_18205530.jpg

帰りは車道と所々にバイパスのように作られた歩道を12〜3分で駆け下りてきました
b0045109_18251017.jpg


城から降りてきたらしばし町歩きです
b0045109_18274336.jpgb0045109_182817.jpg
b0045109_18283683.jpgb0045109_18285442.jpg

b0045109_18292690.jpg


b0045109_1830728.jpgb0045109_18302887.jpg
b0045109_1831047.jpg

それにしても郡上八幡の人々は川遊びが大好きみたいです
というか遊びたくなる清流がそこにあるからなんでしょう〜
当然川って危険も伴うとは思うんですが・・
危険だからといって遠ざけないで身近に楽しむから川を愛し大切にする
そんな文化が根付いているんですね〜うらやましいかも
b0045109_18382098.jpg

b0045109_18385214.jpg

正面に見える橋は有名な新橋
郡上八幡っ子の夏の一時の通過儀礼のような飛び込みの舞台です
これも川と人との付き合いがあるからこその文化ですね

お昼はやっぱし麺類 奥美濃そば
b0045109_18435929.jpgb0045109_18441651.jpg

写真はおろしそば 薬味 おろし おだし が別々の器ででてきて・・
どう食べるのか尋ねてみると??つけ麺にしてもよしかけてもよし・・とのことなので
ぶっかけで頂きました
満足してふと時間を見ると!!駅へ急いで乗り込んだ列車で温泉へw
駅が日帰り温泉施設?みたいな”みなみ子宝温泉”へ
(列車から)降りて3歩がキッチフレーズのようですw
子宝温泉・・って名前やけど入ると子宝に恵まれるって泉質からきてるんじゃなく
近くに子宝に恵まれるっていう御利益のあるお宮さんの近くで湧出したからだそう・・
温泉はもちろん鉄道利用の客ばかりでなく車利用でも利用できます〜
でも・・
b0045109_18594097.jpgb0045109_18595625.jpg

お湯はさらさらで無色無臭でした
ただ川遊び帰りの客でけっこう混んでましたが・・
混んでいながらも浴室も浴槽も広く露天もあってうんざり感はなかったですね〜
一時間ほどゆっくり過ごました
b0045109_1944980.jpg
b0045109_195322.jpg

帰りの電車は17:40発で一両編成のロングシート
そこそこの混雑具合で美濃太田へ
b0045109_1913731.jpg
b0045109_199485.jpg

車窓はもう夏ではなく・・秋というには早い晩夏の趣でした
美濃太田でやっぱり20分ほど連絡待ちで高山本線に乗り換えて
岐阜・米原とさらに乗り換えて京都には22時前の帰着でした

ちなみに京都→美濃太田までは通常片道JR乗車券¥2520です
by makiof | 2009-08-15 19:13 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
下呂・高山から白川郷へ 一日目
先日の土曜日・・出掛ける前日ですが
連休の前日に宿の予約がとれるかどうか
仕事の昼休みなにげにケータイで”旅の窓口”を検索

以外や以外予約とれるやん!ってことで予約完了!
まぁ列車の方こそ予約なんて取れっこないし
お金もないしで安く鈍行列車で行く事にしました

当日は京都駅6:39発長浜行きにて米原へ
米原から大垣 大垣〜岐阜 岐阜〜美濃太田 美濃太田〜下呂と
細かい乗り継ぎなんですが・・
でもまぁ秋の高山本線はのんびり鈍行列車で行きたかったので
我慢がまんw

特に美濃太田からの高山本線
列車はいよいよ渓谷を縫うように走るので景色は絵の様です!
でも見頃の時期は一週間遅かったかなぁ・・・
でも仕事の都合休めなかったので同じなんですが・・


b0045109_18363065.jpg

景色に見とれていると下呂もあっという間といっても・・
2時間ほど乗っていたんですがw


b0045109_18412345.jpg

下呂から先・・高山までは2時間鈍行列車がないので
街中散策と外湯でひと風呂浴びてゆく事にw

まずは外湯・白鷺の湯の場所を確認!


b0045109_18425618.jpg

白鷺の湯の正面の坂を登ってゆくと温泉寺さんです


b0045109_18454994.jpg

本堂背後に見えている紅葉ですが自由に入れる裏手へと廻ってゆくと・・・
見えていた以上の奥行きと多彩な景観についついシャッターを切る数が・・w

b0045109_18532269.jpg

b0045109_19465962.jpg

それでも列車の時間まではまだたっぷりの余裕w
ということで白鷺の湯へ
入浴料¥300+タオル¥200+ロッカー代¥100・・・
計¥600が高いかどうか微妙なところですがw
なかなかいいお湯でした

駅に戻ってくると・・
まだ一時間近くの列車待ち・・なんですが
ふとみると10分後に特急がくるんだ・・+特急券¥630・・・
18きっぷと違うんで特急券追加だけで乗れるんで乗っちゃいましたw
でも・・
車窓は相変わらず綺麗〜
あっという間に駆け抜けてゆく特急の車窓にちょっぴり後悔してみたり・・

b0045109_1973066.jpg

一時間以上かかる行程を40分で走り抜けて高山駅に到着です

b0045109_1911187.jpg

宿に荷物を置いて高山の街中散策に出掛けてみましたが・・
やっぱりいい街ですね〜〜〜

b0045109_19164131.jpg

でもやっぱし人が山盛り・・外人さんも沢山きてはりました〜

散策していたらいい感じのお店に遭遇〜

b0045109_1921514.jpg

せっかくなのでざるそばと言いたかったところですが・・
結構な寒さとお店のおすすめということで”鴨なんばん”!

b0045109_19231930.jpg

この鴨なんばん¥1560やったかな?
なかなかっかなり美味しかった〜〜〜!
猟解禁シーズンの間だけの限定メニューだそう
つまりマガモ!川で戯れている真鴨を想像するとちょっと・・・でも・・
でお店で猟に出てお店でさばいているという事で
お出汁はマガモの鳥ガラベースになっているそう
くさみ消しのショウガがおつゆにアクセントを加えていて
上にのっているソテーした鴨肉に青ネギ・・そして辛みの効いたおろし!
冬に高山にきたらラーメンよりもまずこっちを食べたいかなぁ〜
食べた時間が4時過ぎ・・結局これが晩ご飯になってしまいました
あぁごはんも一緒に頼めばよかったなぁ〜〜美味しかったぁなぁ〜
もちろんおつゆはしっかり飲み干しましたw

ホテルに戻っても時間が経っても
宿の温泉につかっても
腹持ちがいいのかお腹がへらないので晩ご飯は諦めて
部屋飲みように買って来た”うらてんりょう”をあけて
よき気分で熟睡となりました

二日目につづく〜
by makiof | 2008-11-25 19:39 | 旅の徒然なるを
ちょっとお昼を食べに出石まで・・2
ちょっとお昼を食べに出石まで・・の続きです
が・・話は京都に戻しますぅ〜

昨日は連休系な朝の起き抜けに・・
ふと思ったのが
18きっぷも買ってある事だし・・
どっかにいってこよ〜〜
ってことで・・・

京都駅9:02発園部行きは結構な混雑ぶりでしたが・・
さすがに嵯峨嵐山でごそっと降りてしまいました
亀岡を過ぎると賑やかなスポーツ少年の団体が目立つばかりで
その団体が途中駅で降りてしまうと
乗っていた車両の乗客は自分を含めて5〜6人となってしまいました

そういえば山陰線ってドアの開閉ってボタン式なんですねぇ
寒冷期間だけかとおもったら夏は夏で
単線ゆえの行き違い待ちに特急の追い抜き待ち・・・
開け放していたら冷気が逃げてしまうってことだそうです

さて園部についてみると
乗り継ぎの福知山行きの電車は2両編成って・・
乗ってきた電車は8両ほどあったんで
乗り継ぎの電車はあっというまに満員です
まぁなんとか座れましたが・・

福知山で再び乗り換えて豊岡には12:33の到着でした
豊岡からは全但バスに乗り換えて出石へと向かいます
乗車時間は40分ほどでしたかねぇ・・・

全但バス乗り場横手の路地を抜けて
西の丸有料駐車場に面した”みくら”さんで
レンタサイクル2h¥300を借りて出石の町を散策する事に・・



☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
まずは出石城へ
城内の散策はフリーで
写真で見えている石段を登り詰めると本丸跡
本丸跡の広場を横切ると赤い鳥居が上へと続いてます
そこを更に登ると稲荷神社が祀られていました
b0045109_20511245.jpg

b0045109_20515038.jpg

b0045109_20524187.jpg

b0045109_2053221.jpg

そういえば・・
応仁の乱の山名宗全はここの城主だったんですねぇ



出石の町並みの中心は・・やっぱり辰皷楼です〜
b0045109_20532384.jpg
おそばをいただいた”つるや”さんはこのすぐそばです
b0045109_20533912.jpg

b0045109_20535555.jpg



沢庵和尚ゆかりのお寺宗鏡寺さんのお庭です
b0045109_2054982.jpg

b0045109_20542587.jpg



b0045109_20544326.jpg

b0045109_2055677.jpg

b0045109_2055249.jpg

b0045109_20554364.jpg


時間がゆっくりと流れているような出石の町並みに
何度でも足を運んでみたいですねぇ結構好きな町かも〜


☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆


散策を終えてバス乗り場へ戻ってくると・・
15:34発江原行きがあるのを見つけて乗る事に
さて江原駅には何時に着くの?と思いつつ乗っていると・・
15:55到着
このまま帰るのもなんかもったいない・・
ということで城崎温泉に足を伸ばしてきました〜

b0045109_21514674.jpg

といっても暑いさなか
遠い外湯まで行くのはつらいってことで
駅から比較的近い地蔵湯へ浸かってきました〜〜
真夏の温泉もまたいい感じですぅ
b0045109_21521522.jpg

そんなこんなで駅へ帰ってきて改札すましてホームで・・
ベンダーをぼーっと眺めていると!!

b0045109_22502854.jpg

リアルキアイダーってっw
でもつい買ってしまいましたわw

そんなこんなで
城崎温泉駅18:21発の列車に乗り込み
来たときと同じように
豊岡〜福知山〜園部〜と電車を乗り継いで京都駅には
22:03の到着でした

まぁ考えたら片道特急だったら2時間半ほどのところを
4時間かけてって酔狂な話ですがねぇ〜
JR通常料金だと
京都ー豊岡¥2520/江原ー城崎温泉¥320/城崎温泉ー京都¥2520
まぁそこに特急料金がのってくるので
片道乗車券&特急券で¥4200ほど・・
それが・・まぁ座れる保証はないにしても時間がかかるにしても
2300円で行って帰って出来たと同じって事は”鉄”っていうよりも
旅好きにはうれしい切符ですぅ〜
万人向けではないかもしれませんがねぇ・・・

さて次は何処行きましょかねぇ〜〜

ちなみに・・
全但バスの豊岡ー出石間は¥580/出石ー江原間は¥540
城崎温泉・地蔵湯は入湯料¥600+タオル¥150でした〜
by makiof | 2008-07-22 22:05 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
甲州 わに塚の桜〜山高神代桜を尋ねて
先週末の公休土曜日を利用して
一泊二日で以前より訪れたかった山梨県韮崎市の”わに塚”の一本大桜と
北杜市の山高神代桜を尋ねて旅してきました

一日目土曜日は
京都駅8:16発ののぞみ70号で名古屋へ向かい
9分の連絡で中央西線特急しなの5号へ乗り換えて塩尻までの乗車
塩尻からは中央本線普通列車で韮崎までの乗車でしたが
この日は遠くはなれた首都圏での運行トラブルの影響でダイヤがやや乱れていました

塩尻からの電車は通過待ちや特急連絡などで結構長い時間の停車が目立ちながらも
1時間半の乗車で韮崎駅へは12:40分頃の到着でした

早速改札を済ましてタクシーでわに塚まで送って頂きました
駅からは10分くらい?¥1500弱で着く事が出来ました
ちょっと前までは知る人ぞ知るみたいな存在だったのに
近年急に名が知れるようになって人も沢山集まるようになったようです
樹齢は300年ほどでその昔王墓に植えられた3本あった桜が1本だけ残ったようです


b0045109_2164191.jpg

b0045109_217435.jpg



b0045109_2173640.jpg


桜は遠くに八ヶ岳を望む小高い塚の上に枝葉を広げ花は満開となっていました

b0045109_218495.jpg


帰りは韮崎駅まで約2〜3kmほどの道程を散策がてら歩いて帰ってくると
釜無川(富士川)に架かる武田橋から富士山が綺麗に望めました
b0045109_2114401.jpg

韮崎駅には15:20頃の到着でした

泊まりは上諏訪ステーションホテルで温泉付きのビジネスホテルです
韮崎駅からは一時間かけての移動で
甲府市内での泊まりと迷ったのですが
やっぱり温泉がよかったので時間的にはちょこっと無駄な感じもあったんですが・・
上諏訪温泉にしてよかったです

泉質がとてもよく濃い〜って感じるお湯です
宿のお風呂もこじんまりとしながらも露天風呂もあり
お湯自体も良かったのですが・・
宿の湯に入る前に夕食の店探しも兼ねて
宿から歩いて5分ほどのところに洋館作りの片倉館という
外湯というにはあまりにりっぱな公衆浴場があると調べていたので尋ねてきました

入浴料は¥500+ロッカー代¥50でした
お湯は肌にまとわりつくような湯ではないんですが・・かすかに湯の香があり
しばらく入浴しているとか〜っと火照ってくる熱の湯です
浴槽は千人風呂と称していて大きな湯船はやや深めで底には玉砂利が敷いてありました

宿の露天風呂の浴槽の底にも玉砂利が敷いてあったので
上諏訪温泉の特徴なんでしょうか・・・

片倉館に話を戻すと大きな千人風呂とは別に
4人が入れるサウナと寝湯とジェットバスを一緒にしたような仕切られた浴室があり
ここはラドン浴室?だったかな?といい呼吸からもラドンを吸入できるようにしてありました
洗い場の設えも独特の雰囲気があり
建物の外観もですが浴場全体にも文化財になるだけの個性と歴史を感じさせていました

片倉館での入浴を済ませて駅前の秋月そば本店へ
そば弁当¥1200は二重のお弁当で一盛り分のお蕎麦が一の重
二の重はサラダ・天ぷら・ひょうたん型にかたどられたご飯で結構おいしかったです
特にお蕎麦は自家製とのことで特に美味しかったです
もちろんそば湯も付いてきました!

そんなこんなで宿へ帰えり一息ついて宿の湯につかり早々に寝ちゃいました

二日目の日曜日は
朝は朝食付きプランだったので、宿のバイキングで済ましました
和食中心のチョイスとしましたが味付けは思った以上に美味しかったですね
宿を9時過ぎにチェックアウトして朝の片倉館の写真を撮り
b0045109_2328313.jpg

諏訪湖を望んでから駅へ
9:30発の電車で再び中央本線を東へ日野春駅には10:18着
降車の乗客のほとんどは神代桜が目的のようで交通の便のない場所とのことで
タクシーのりばは長蛇の列となっていました

たまたま一人でこられていた方と同乗で向かう事に
日野春駅から山高実相寺まで¥1900弱でした

さて神代桜のある実相寺についてみると大変な賑わいとなっていました
人混みにちょっとうんざりしながらも
甲斐駒ヶ岳を背後に望み八ヶ岳を遠くに望む
花咲き乱れる景勝の地にすぐに機嫌を取り戻しました
b0045109_23303141.jpg
b0045109_23304530.jpg


神代桜は近年の台風で一部枝が折れてしまったとかですが
それでも存在感のある桜の古木でした

b0045109_23314148.jpg


b0045109_2332656.jpg

b0045109_23322997.jpg

b0045109_23324516.jpg



山高地区を堪能してから”むかわの湯”まで徒歩で移動
むかわの湯は糸魚川富士川地裂帯の中でも4つのプレートが集まる中心に近いところに
湧く温泉とのこと
ただ公共の日帰り温浴施設でよく見られる泉質は良いのに塩素臭の気になる
ちょっとだけ残念感の残るお湯でした

ひと風呂浴びた後は牧原からタクシーで日野春駅へもどり
15:10発の長野行き普通列車から塩尻で特急しなの20号に乗り継ぎ
名古屋で新幹線に乗り継いで京都へは20時過ぎの到着でした


今日もまだ花疲れ&旅の疲れが抜けてません・・
でもまた花を追いに出掛けたいです〜

観光情報
韮崎市観光協会
韮崎市民バス

北杜市観光協会
北杜市民バス
by makiof | 2008-04-07 23:48 | 旅の徒然なるを