タグ:一本桜 ( 6 ) タグの人気記事
深堂の郷 畑のしだれ桜を見てきました〜
たぬきの置物で名高い信楽の奥深くにある畑集落に坐す
一本桜の”畑のしだれ桜”を愛でてきました
(正確には二本の樹が二股に分かれている様に見えている?)

見頃としては2〜3日前が満開で
今日が見時としては最後だったのかなぁ〜
今夜は雨予報なんで・・

どこが正面とは言えないんでしょうけど
”都しだれ”の標がある面の花はだいぶんと散ってしまった感ありで
その反対側ははまだみられる感じでしたが・・・

b0045109_2040035.jpg
b0045109_20401614.jpg
b0045109_20402973.jpg
b0045109_20404477.jpg
b0045109_2041419.jpg
b0045109_2049578.jpg


保存会が手入れをされている広場にはお手洗いもあり
周囲を巡る事ができます
が・・・
ここへ来るには飲み物に食べ物は持参しないと
自販機すら見当たりませんでした
訪ねる人が増えてくるとかわってくるのかも知れませんが・・

広場をあとにして集落をぐるりと巡って
桜の遠景も楽しんできました

b0045109_20475353.jpg
b0045109_20481156.jpg
b0045109_20485161.jpg


ただ・・・
ここに来るのは中々難儀です
休日なら信楽駅8:34発のコミュニティーバスで8:59畑着
帰りは11:24畑発で信楽駅11:48着
もしくは
信楽駅14:50発で畑に15:15着〜畑16:25発で信楽駅16:47着

昨日は飲み会がありまして
当然午前中のバスになど乗れるはずも無く
家を昼過ぎにゆるゆると出発して
京都駅13:15分発の新快速から
草津線〜信楽高原鐵道と乗り継ぎまして
信楽駅14:50発のバスにての観桜と致しました
滞在時間的には丁度いい感じでした
上の方でも書きましたが何か物産を売るベースがあるでもなく
自販機すら無くましては一本桜・・・

ただ光線具合だと午前にきてたら
丁度花を多くつけている面に日が射していたと思うので
見応えがあったのかなぁ〜
とはいっても仕方が無いのですが・・

とはいえ公共交通しか動き様の無い自分としては
ここまでバスで運んでくれだけでも感謝です
また休日も走っている数少ないコミュニティーバス路線
信楽高原バスに非力ながらエールを送ります
b0045109_20503582.jpg

ちなみに畑16:25発のバスは滋賀交通の車両でした
b0045109_21103130.jpg



帰りは京都駅のsuvacoで夕食のお弁当やらなやかや衝動に任せて買ったら・・
タコツイタ〜・・
b0045109_21142542.jpg


近畿の桜はこれで見納めですね〜きっと
by makiof | 2013-04-14 21:16 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
一度会いたかった苗代桜へ〜
b0045109_202912.jpg


この土日を使って飛騨の山郷に佇む苗代桜のライトアップに行ってきました〜
とはいっても土曜日は15時まで仕事でして・・
でもなんとか・・”こだま〜しらさぎ〜ひだ”と特急を乗り継いで行って参りました
で・・

本日は下呂駅よりタクシーのお世話になりつつ
飛騨萩原の桜を二本尋ねて途中から路線バスにて高山に出て
お蕎麦を食べつつ
鈍行列車で中山七里の車窓を楽しみ
美濃太田より大阪行き特急ひだ号にて京都へと帰ってきました〜

詳細とかその他の写真はまた追記にてぼちぼちアップしてゆきます〜

まぁしかし・・
苗代桜のライトアップ・・神々しかったです
でもやっぱり機会があれば晴れた空に咲く満開の姿を拝みに行きたいですね〜
by makiof | 2012-04-22 20:18 | 旅の徒然なるを
五年ぶりの又兵衛桜へ・・
b0045109_2037031.jpg
あちらこちらから聞こえてくる桜の満開だよりのなかに
ラジオから聞こえてきたのが又兵衛桜の見頃の知らせ・・・
久し振りに尋ねてみたくなって行ってきました

前回は折り畳み自転車を持ち込んでみたんですが今回は身一つで行ってきました
近鉄に乗り榛原駅へ
榛原駅からは今年も運行されていた又兵衛桜直行バスを利用しました
まぁしかし大変な賑わいです
又兵衛桜〜”ひむがしののにかぎろいのたつみえて”で有名な万葉公園〜天益寺
とめぐって路線バスにて榛原駅へ戻り
一駅東の大野寺へも足を伸ばしてきました〜



まぁ・・・つづきと詳細はいつもの追記にてぼちぼち綴ってゆきます〜

つづきはこちらから〜
by makiof | 2012-04-15 22:36 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
淡墨桜(うすずみ桜)〜岐阜城へ
4/12土曜日、有給休暇をとって日帰りで岐阜県本巣市樽見の淡墨桜を見てから岐阜城まで足を伸ばしてきました。

朝、京都6:18発長浜行きに乗り込み、米原から大垣行き普通列車への乗り換えで
大垣からは樽見鉄道へ乗り換えて樽見には9時少し廻った頃に到着しました
樽見まで乗り換え無しで行く朝2番の便にも関わらず
車内はすでにかなり人で混雑していました

淡墨桜の咲く場所は高台になっていて淡墨公園として整備されていました
樽見駅からは案内板に従って15分ほどの歩きです
公園に着くとすぐにそれとわかり第一印象はお〜っと思うのですが・・
淡墨桜は枝振りのわりに花が細かいのと
また満開を過ぎ葉もちらほら目立ち始めているせいもありなのか
華やかさはなく控えめな渋さを愛でる桜なんだろうなと感じました
それでも長年の風雪をしのいできた逞しい幹と大きく広げた枝振りは貫禄十分です

b0045109_217921.jpg

b0045109_2174363.jpg


b0045109_218420.jpg

b0045109_2182019.jpg



あたりは公園と整備されていてよく見かける桜も多く植えられていて
こちらは見頃を迎えていました
そばのおばちゃん達がこっちのほうが綺麗じゃないなんて声も聞こえたり・・

再び樽見駅から樽見鉄道で大垣へ戻ってきたのですが
時間は12時少しすぎ帰宅するのには早すぎるので岐阜城を尋ねてみる事に・・
大垣から岐阜までは3駅?だったかな?
電車に乗ってしまえばあっというまです
とりあえず駅構内で腹ごしらえを済まして路線バスに乗ろうと
乗り場を尋ねてみると・・・かなり路線充実してるんですね驚きました
車窓から垣間みる街の雰囲気もかなり都会なんで驚きでした
(正直・・高槻くらいの街のイメージだったんですが・・・)
N系統のバスで材木町まで乗りそこからは
川原町という昔の雰囲気を残す町並みを歩いて岐阜公園へ

b0045109_2135442.jpg

b0045109_21355919.jpg


岐阜公園は
織田信長居館跡そして板垣退助遭難の日など歴史的な史跡であり
日本庭園など造られていて市民の憩いの場でもあるって感じなんでしょうか
b0045109_21374674.jpg
b0045109_21381143.jpg

そして同じく岐阜公園内のロープウェイで岐阜城のある金華山に登ってみました
b0045109_22504497.jpgb0045109_2251619.jpg

城郭は鉄筋コンクリート造りでした・・
でも360度見渡せる眺望はさすが!
難攻不落を誇った稲葉山城そして岐阜城へ急峻な山塊に守られた山城です!

ふたたび麓までロープウェイで戻り円空美術館なるものがあったので観覧
古美術商のお店がされているようで一階が円空仏の展示で
二階は古美術の延長のような展示でした
円空美術館からささほど離れていないところに岐阜大仏があると
観光パンフにあったので寄せてもらいました・・・
b0045109_2319273.jpg

なんかわからないけど・・すごいとしか言えない雰囲気をもった大仏様です
別名かご大仏といわれているようで
竹を編んで大まかな形を作り粘土で形を整え布と漆で固めた
いわゆる乾漆仏となるそうです・・
まぁ作り方とかなんたか別にして表情だとか佇まいとか・・・
なんか圧倒的なインパクトでした!でも不思議と威圧感は全くなし・・
不思議なだいぶっあんでした

帰りは本町一丁目のバス停からN系統のバスでJR岐阜駅へ戻ると
ちょうど16:50発米原行きの快速があったのでそれに乗り込み
米原からは数分の連絡で播州赤穂行き新快速に連絡
京都には18:42の到着でした
by makiof | 2008-04-13 21:44 | 旅の徒然なるを
甲州 わに塚の桜〜山高神代桜を尋ねて
先週末の公休土曜日を利用して
一泊二日で以前より訪れたかった山梨県韮崎市の”わに塚”の一本大桜と
北杜市の山高神代桜を尋ねて旅してきました

一日目土曜日は
京都駅8:16発ののぞみ70号で名古屋へ向かい
9分の連絡で中央西線特急しなの5号へ乗り換えて塩尻までの乗車
塩尻からは中央本線普通列車で韮崎までの乗車でしたが
この日は遠くはなれた首都圏での運行トラブルの影響でダイヤがやや乱れていました

塩尻からの電車は通過待ちや特急連絡などで結構長い時間の停車が目立ちながらも
1時間半の乗車で韮崎駅へは12:40分頃の到着でした

早速改札を済ましてタクシーでわに塚まで送って頂きました
駅からは10分くらい?¥1500弱で着く事が出来ました
ちょっと前までは知る人ぞ知るみたいな存在だったのに
近年急に名が知れるようになって人も沢山集まるようになったようです
樹齢は300年ほどでその昔王墓に植えられた3本あった桜が1本だけ残ったようです


b0045109_2164191.jpg

b0045109_217435.jpg



b0045109_2173640.jpg


桜は遠くに八ヶ岳を望む小高い塚の上に枝葉を広げ花は満開となっていました

b0045109_218495.jpg


帰りは韮崎駅まで約2〜3kmほどの道程を散策がてら歩いて帰ってくると
釜無川(富士川)に架かる武田橋から富士山が綺麗に望めました
b0045109_2114401.jpg

韮崎駅には15:20頃の到着でした

泊まりは上諏訪ステーションホテルで温泉付きのビジネスホテルです
韮崎駅からは一時間かけての移動で
甲府市内での泊まりと迷ったのですが
やっぱり温泉がよかったので時間的にはちょこっと無駄な感じもあったんですが・・
上諏訪温泉にしてよかったです

泉質がとてもよく濃い〜って感じるお湯です
宿のお風呂もこじんまりとしながらも露天風呂もあり
お湯自体も良かったのですが・・
宿の湯に入る前に夕食の店探しも兼ねて
宿から歩いて5分ほどのところに洋館作りの片倉館という
外湯というにはあまりにりっぱな公衆浴場があると調べていたので尋ねてきました

入浴料は¥500+ロッカー代¥50でした
お湯は肌にまとわりつくような湯ではないんですが・・かすかに湯の香があり
しばらく入浴しているとか〜っと火照ってくる熱の湯です
浴槽は千人風呂と称していて大きな湯船はやや深めで底には玉砂利が敷いてありました

宿の露天風呂の浴槽の底にも玉砂利が敷いてあったので
上諏訪温泉の特徴なんでしょうか・・・

片倉館に話を戻すと大きな千人風呂とは別に
4人が入れるサウナと寝湯とジェットバスを一緒にしたような仕切られた浴室があり
ここはラドン浴室?だったかな?といい呼吸からもラドンを吸入できるようにしてありました
洗い場の設えも独特の雰囲気があり
建物の外観もですが浴場全体にも文化財になるだけの個性と歴史を感じさせていました

片倉館での入浴を済ませて駅前の秋月そば本店へ
そば弁当¥1200は二重のお弁当で一盛り分のお蕎麦が一の重
二の重はサラダ・天ぷら・ひょうたん型にかたどられたご飯で結構おいしかったです
特にお蕎麦は自家製とのことで特に美味しかったです
もちろんそば湯も付いてきました!

そんなこんなで宿へ帰えり一息ついて宿の湯につかり早々に寝ちゃいました

二日目の日曜日は
朝は朝食付きプランだったので、宿のバイキングで済ましました
和食中心のチョイスとしましたが味付けは思った以上に美味しかったですね
宿を9時過ぎにチェックアウトして朝の片倉館の写真を撮り
b0045109_2328313.jpg

諏訪湖を望んでから駅へ
9:30発の電車で再び中央本線を東へ日野春駅には10:18着
降車の乗客のほとんどは神代桜が目的のようで交通の便のない場所とのことで
タクシーのりばは長蛇の列となっていました

たまたま一人でこられていた方と同乗で向かう事に
日野春駅から山高実相寺まで¥1900弱でした

さて神代桜のある実相寺についてみると大変な賑わいとなっていました
人混みにちょっとうんざりしながらも
甲斐駒ヶ岳を背後に望み八ヶ岳を遠くに望む
花咲き乱れる景勝の地にすぐに機嫌を取り戻しました
b0045109_23303141.jpg
b0045109_23304530.jpg


神代桜は近年の台風で一部枝が折れてしまったとかですが
それでも存在感のある桜の古木でした

b0045109_23314148.jpg


b0045109_2332656.jpg

b0045109_23322997.jpg

b0045109_23324516.jpg



山高地区を堪能してから”むかわの湯”まで徒歩で移動
むかわの湯は糸魚川富士川地裂帯の中でも4つのプレートが集まる中心に近いところに
湧く温泉とのこと
ただ公共の日帰り温浴施設でよく見られる泉質は良いのに塩素臭の気になる
ちょっとだけ残念感の残るお湯でした

ひと風呂浴びた後は牧原からタクシーで日野春駅へもどり
15:10発の長野行き普通列車から塩尻で特急しなの20号に乗り継ぎ
名古屋で新幹線に乗り継いで京都へは20時過ぎの到着でした


今日もまだ花疲れ&旅の疲れが抜けてません・・
でもまた花を追いに出掛けたいです〜

観光情報
韮崎市観光協会
韮崎市民バス

北杜市観光協会
北杜市民バス
by makiof | 2008-04-07 23:48 | 旅の徒然なるを
大宇陀・又兵衛桜(瀧桜)
b0045109_0115599.jpgKomaを持って大宇陀へ。
又兵衛桜を尋ねたついでに軽く走ってきました



先日の日曜日、夕方からはライブということもあって早めに家をでるつもりが・・・
実際に家を出たのが10:30ころ・・
最寄りの近鉄駅より乗車、途中で橿原神宮前行き急行に乗り換えてさらに
大和八木駅にて宇治山田行き快速急行に乗り換えて榛原までの乗車です。
榛原駅は橋上駅でKoma持ちにはちと辛い駅です
到着して改札をすませて階段下でKomaを走行状態にするべかと思いつつ・・
ふと・・視線の先に「又兵衛桜直通バス」の案内”片道900円”・・・
12:10発・・もうすぐ発車〜迷いつつも
しっかり利用させて頂きました(笑)バスは大型の観光バスKomaはトランクへ
片道20〜30分との案内
混雑・渋滞を回避してかかなりの大廻りしての走行
というのも桜付近では道は大渋滞でした
なんやかや楽させてもらいました

b0045109_0134459.jpg

b0045109_0135576.jpg

b0045109_0141795.jpg

b0045109_0143315.jpg

又兵衛桜もしくは瀧桜ともよばれるこの桜は
樹齢300年ともいわれる枝垂れ桜の一本桜です
ぐるっと木の廻りをまわってみました
とはいっても真下へは近寄れません

花の盛りは過ぎた感じのようでした


又兵衛桜を後にして今は大宇陀
古くは阿騎野のとよばれたところをKomaで散策しつつ近鉄榛原駅までやく8km走行してきました

b0045109_0144693.jpg

古社・阿紀神社前にて

b0045109_0145819.jpg

b0045109_015853.jpg

かぎろいの丘公園と
”東の野にかぎろひの立つみえてかえりみすれば月かたぶきぬ”の碑
万葉集の中でも特に好きな句で
詠まれた地に立って「あぁここで詠まれたんだ」って
感じ入る事の出来る数少ない句であり地の一つです

b0045109_0152076.jpg

白いたんぽぽを見つけました
自分的にはめずらしいんで写真におさめました

b0045109_0153088.jpg

村守白山神社まえに佇む桜

b0045109_0154074.jpg

宇陀川沿いには若い桜が植えられていましたが
見頃にはまだ早しって感じでしょうか


宇陀川沿いの遊歩道?を榛原の市街まで帰ってきたのですが、笠間川との合流付近で国道370号の走行となり歩道無しなのでかなり恐ろしかったです
50mほど我慢すると橋がありそれを渡ると宇陀川右岸に道が現れるので助かりました
しばらく川沿いの桜を眺めつつ走行
宇陀川対岸の車道標識に榛原駅方面の案内がでてきたのでそれに従い駅へと到着
走了は14:15ころでした
ぱたぱたとkomaをたたみ近鉄車中の人となって京都まで帰ってきました

正直・・金曜日の夜にチェーントラブルおこしたところなんで
ちょっと不安は残っていたんですが・・・ちゃんと快適に走ってくれました

宇陀市といえば仏隆寺の古代桜も好きな木の一つ・・
こちらも大きな一本桜です

by makiof | 2007-04-11 00:18 | KOMAで散策