石の宝殿へ
(10/15 なんやかや追記し終えました)

本日の体育の日の休日は
以前から気になっていた石の宝殿・生石(おうしこ)神社を
尋ねてきました

去年入手したまま
実用する事もなく置いていた
NANOOというイタリア生まれの台湾育ちとなる
三代目の折り畳み自転車で山陽本線宝殿駅へと向かいました

このお社の御神体こそJR山陽本線宝殿駅の由来となったもので
別名 浮石とも言われる不思議に満ちた御神体を
お祀りされるお社なのですが

その場に立って見ても
やっぱり不思議に満ちた御神体です

生石神社さんを参拝させていただくので
折角の機会ですので
高砂神社さんと相生の松そして
尾上神社さんの尾上の松を参拝・鑑賞させて頂き
鶴林寺さんの参拝を経て加古川駅ゴールとする
折り畳み自転車での輪行ポタリングとしました


b0045109_23415365.jpg
新快速で京都駅を10:45に出発して・・

b0045109_23430556.jpg
宝殿駅には途中加古川駅で普通電車に乗り換えて12:14の到着です

ここから生石神社までは歩きかタクシーという事で
折り畳み自転車を持参したんですが
駅前ふと見ると駅リンの看板が目に入ってしまいました

なんだ・・まさかのレンタサイクルがあったんですね〜
次来るときはレンタサイクル利用しよっと

b0045109_23440845.jpg
線路に沿って走る事すぐに
生石神社へと続く道の分岐があります
思った以上に細い道でしたが石の古い道標がありました

しばらく走ると信号があり
それを渡ると道幅は広くなります

b0045109_23443522.jpg
分岐から走る事30分くらい正面の山の中腹に生石神社が見えてきます
道は斜面に突き当たり道なりに
坂道を登って行くと・・

b0045109_23450365.jpg
鳥居と石段があります
道なりに坂道を登って行くと神社さんの駐車場へ
素直に到着するんですが

b0045109_23452202.jpg
なんかこの階段を登って見たくて
自転車担いで挑みました
めっちゃしんどかったぁ・・
登り切ると神門と見せ掛けて
道路が横切っていて時折
バイクに車が横切ってゆくので飛び出し注意です

自転車を置きたいので道なりに緩い坂を登ってゆくと
鳥居の前の道との合流で
そのすぐ先に
想像以上の大きな駐車場がありました
舞台になる様な建物もあったので
単なる駐車場と言うわけでは無さそうですが・・

b0045109_23454393.jpg
鳥居くぐった先の手水舎でお清めをして
参拝に向かいます

b0045109_23460187.jpg
b0045109_23462365.jpg
手前の建物は社務所を兼ねたものでしょうか
真ん中を通り抜けると
また真ん中を通れる様にした拝殿があり
拝殿左側に大己貴命神そして
拝殿右側には少彦名命神がお祀りされていて
中央の通路の上部に石の御宝殿を
神事として拝する処が設えてあるように
見受けました

そして通路正面に石の壁の如く
御宝殿が見えています
つい気が早まって両側に坐す御祭神を素通りしてしまう
失態をしてしまいながらも
御神体の御宝殿へ参拝です

b0045109_23465514.jpg
こちらの拝所は一般参拝様何でしょうか
こちらでお参りの後は左周りで
宝殿を廻らせ頂きました

ぱっと見結構細い通路にちょっとビビりつつ

b0045109_23471639.jpg
b0045109_23474268.jpg
奥の方は広くなっていました
といっても片側は宝殿の突起があり
その反対側は切り立った崖なんですが

b0045109_23481177.jpg
b0045109_23483673.jpg
b0045109_15094268.jpg
まるで水面から浮き上がった様に見えていても
接地面はある様です当たり前ですが・・

それでも面積からするとわずかともいえる様で
地面とは切り離されているようです
b0045109_23490443.jpg

御宝殿を廻らせて貰ってからにはなりましたが
拝殿左側と右側の御祭神様にも
ちゃんと参拝しまして
お山の方へ

b0045109_23492749.jpg
岩盤に彫り込まれた石段を登ってゆきます

b0045109_23494478.jpg
すると御宝殿を横から俯瞰できます

b0045109_07381152.jpg
正面に見える採石場も
史跡となっていて古代より竜山石を採石していた名残で

近年になって掘り崩したものではない様です
なんでも古墳時代の石室石棺の多くは
この辺りから運ばれていったんだそうです
b0045109_23500636.jpg
竜山石はハイアロクラスタイトという石質なんだそうです
よくわかりませんが・・・
珍しい石質なんだそうです

b0045109_23502554.jpg
b0045109_23504246.jpg
こちらの山上も気のせいか
実際そうなのかわかりませんが
如何にも人為的に切り出したんじゃないかなと
想像を掻き立てる箇所が其処此処にあって
興味が尽きません

b0045109_23505759.jpg
b0045109_23511736.jpg
社務所に預けていた御朱印帳を受け取りながら
聞いた話ではこちらで採れる石は
鎮めの効力があり
御所とか要のところには使われているんだとか

そんな話しを聞いてお守りを見ていると
竜山石で作られたお守りがあり
ついつい購入してしまいました

浮つきそうな心の時とか気が治らない様な時とか
なんしか気を鎮めたい時とか
自分がいる場の気を鎮める効力とか
そんなお守りだそうです

今回は折り畳み自転車できていると言う事で
折角ですので高砂神社さんへも
お参りしてきました

翌日からお祭りという事で
慌ただしく準備をしてる氏子町内を走り抜け
屋台の準備もひと段落な神社は
人影もなくひっそりとしていました
b0045109_23515087.jpg
高砂神社さんへは生石神社さんより30分ほどの走行でした

b0045109_23520747.jpg
高砂神社の相生の松です
立派な松です

人気の無い境内をひとしきりうろうろして
社務所を捜すもいまいちわからなので
お祭りの警備本部なるところに
声をかけて教えてもらいましたが
思い切っり不審がってる空気感満載でした

地元からしたら祭りの前日に何しにきとんねん
ってとこなんでしょうが
祭りの当日は仕事が休みじゃないんでしゃぁないですやん

そしてもう一箇所

加古川をわたり尾上の松を見に行きます

b0045109_23530517.jpg
b0045109_23532111.jpg

b0045109_23535490.jpg
謡曲「高砂」で謳われる相生の松は
尾上の松です
と言う事で尾上神社さんへは
高砂神社さんから25分ほどで到着です

結婚式でなじみの♪高砂や〜は
謡いの中ではずっと後でして
高砂の物語は
九州阿蘇の神主さんが未だ見ぬ
都への憧れに駆られ旅に出て途中
名だたる名所の高砂の浦の尾上の松を
愛でるお話

なんて知ったかブリーフですが
以前お能「高砂」を鑑賞した時に購入した
内容を記した本がありまして

尾上の松?と思ってめくってゆくと
そうゆう事だったんだと帰ってから知ったんです
そもそも♪高砂や〜には
松のくだりはでてきませんしねぇ

高砂には二本の相生の松があるんだ
くらいの認識できてしまったんで
ちゃんと知った上で来ていたら見え方も変わったかなぁ

b0045109_23542415.jpg
夫婦共々相老いの時を迎えん
なんてね
独り身で見上げる松に
独り苦笑しつつ
御朱印を頂けたらと思い社務所へ向かうと
大きな番犬に吠えかかられ
それとなく「御朱印お願いしますー」と
声をかけるも反応なし

住吉の神さんも無情やなぁと
心折れつつ
帰るつもりで神門一度くぐって一礼すると
下の松が目に入りまして・・・
一度お礼して出たのにと思いつつ

こちらの松に歩み寄り写真をとっていると
バタバタと音を立てている建物に目を向けると
相生殿と書いてある
てっきり幼稚園かなんかと思って気に掛けていなかったのですが
ダメ元で声をかけてみると御朱印応じて頂けました
住吉の神さんおおきにです

尾上神社さんまで来ると
鶴林寺さんもそれほど遠くないのと
JR加古川駅へ向かう途中でもあるので
参拝させて頂きました
b0045109_23552582.jpg
天台宗のお寺さんで
聖徳太子をお祀りするお寺さんです

なんだか播磨国にいる事を忘れ
いにしえの空気を纏うお寺さんです
受付の方の話では
戦火の被害も受けず昔のままに今に伝わる寺院だそうです

b0045109_23554225.jpg
b0045109_23561844.jpg



鶴林寺さん後にして加古川駅へ一走りして
18時ちょっと前発の快速電車でのんびり京都駅へと戻ってきました

# by makiof | 2017-10-09 23:57 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
曼珠沙華の群生を見に亀岡へ

昨日の日曜日は・・・
土曜日に引き続き彼岸花を追いかけて丹波亀岡を彷徨ってきました

京都駅8:58発の山陰線の電車で亀岡駅へ
亀岡駅からは"ふるさとバス"の川東コース千歳経由線で
出雲神社前まで向かいました

まずは神社さんにご挨拶をさせて頂きます
b0045109_22253427.jpg
今や知る人ぞ知る縁結びのパワースポット
元出雲の御社で出雲大神宮さんです
出雲といえば今では島根の出雲さんですが
出雲のおおやしろさんが出雲を名乗ったのは明治からなんですねー
丹波の出雲さんは延喜の時代よりとも聞いたりします
御祭神は大国主命さんです

御本殿での参拝を済ましたら是非とも
ちょうど御本殿裏の奥に鎮座されます磐座へもお参りを
パワーと言うのはわかりませんが何か風の様な圧を微かに感じます
b0045109_22370655.jpg
20分ほど滞在しまして車塚古墳から馬路南のバス停を目指して
歩き始めました

一応神社さんのある千歳の集落付近も彼岸花の名所ということでしたので
花を探しながら長閑な田園風景の中を歩いて行きます
b0045109_22440908.jpg
b0045109_22442855.jpg
b0045109_22454604.jpg
b0045109_22460870.jpg
正面に見える山が出雲大神宮の御神体山です
b0045109_22500862.jpg
b0045109_22475573.jpg
車塚古墳へ到着です
イメージではこの周りあたりに群生してるのかと思っていたんですが・・
どうもここへ到着するまでがメインだったようです

それでも三日市交差点の紙工会社さんの前の畔と
交差点をさらに西いったあたりに綺麗な群生がありました
b0045109_22575777.jpg
b0045109_22582271.jpg
b0045109_22584621.jpg
b0045109_22590854.jpg
b0045109_22593620.jpg
実りの里の風景を堪能しつつ馬路南バス停に着いて
バスの時間を見ると40分くらいしないと来ないみたい
ぼーっと待てる場所もないし
不審者扱いされている場合でもないので
思い切って千代川駅まで歩くことにしました
上手いこと駅に着けば
並河駅から穴太寺方面行きバスに乗り継げると思いつ
千代川駅には12時ちょっと前に到着です
12:02発京都行きにギリギリ 間に合いました

この駅からの乗車券は一駅で並河駅で下車です
b0045109_23032363.jpg
b0045109_23090285.jpg
並河駅からはふたたび"ふるさとバス"にて
今度は穴太寺周辺の彼岸花群生を見に行きます

と言っても千歳の事もあったので期待せずにむかったら・・

いやぁすごいです
こんな光景があったんですね〜

b0045109_23093822.jpg
b0045109_23095665.jpg
b0045109_23101508.jpg
b0045109_23103507.jpg
b0045109_23105672.jpg
b0045109_23111431.jpg
b0045109_23113582.jpg
b0045109_23120492.jpg
b0045109_23122416.jpg
b0045109_23124357.jpg
b0045109_23133080.jpg
b0045109_23140219.jpg
b0045109_23143456.jpg
遠くの方まで続く赤いラインは畔に咲く彼岸花!
残念だったのはちょっと枯れ始めた株もあって
2-3日前ならより鮮やかだったのかなぁ

b0045109_23180751.jpg
b0045109_23182267.jpg
バスに乗るまえに西国21番札所穴太寺さんにご挨拶

16:01発の京阪京都バスにて亀岡駅へと戻りました
b0045109_23205294.jpg
亀岡駅からは山陰線にて京都駅へ
京都駅では立ち食いうどんで小腹を満たして
帰宅は17時半ばくらいだったと思います

歩いた歩数は土日合わせて29700歩ほど
総距離にして20kmほどでした

歩く人からすればしれているんですが
普段500-600歩ほどしか歩かないので
本日になってちょっぴり脚の痛みが出てきました〜

# by makiof | 2017-09-25 23:29 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
曼珠沙華の群生を見に琵琶湖畔へ
今日は曼珠沙華の見頃を迎えた
滋賀県高島市の桂浜園地へ出掛けて来ました

・・・考えたら夏の18きっぷの5日目がまだアップされていない
って事はちょっと置かせて頂きつつ

曼珠沙華って言うより彼岸花という方がわかり良いですね
京都駅を10時ちょっと過ぎの湖西線各停で近江今津へ
近江今津で新快速に乗り継ぎまして近江中庄という駅で下車です

ここから公共交通機関が超不便なので30分ほどの歩きになります
まずは琵琶湖を目指して歩き琵琶湖畔に出たら南へ歩くと
桂浜園地の目印があらわれます

で到着した桂浜園地は辛うじて遊歩道のような体裁にはなっていますが
ほぼ草地の踏みしめられたところを進みます
でも結局そんなの関係ないくらいに道なきところへと
足が勝手に向かうくらい其処彼処に彼岸花が咲いていました

そしてレイヤーさん達がわんさかおられて
意外な言葉も耳にしました
「ここレイヤーさん達のメッカだったて知らなかった・・」
なんちゃらのメッカって若人にも通じる
まだ生きていた言葉だったんだぁ

そんな事もありつつ
そんなレイヤーさん達が写り込まないよう気をつけつつ
権利関係とかじゃなしに単に人が写り込むの嫌いなんで・・

それでもなんやかや一般の人も多かったです

んっでもって踏み折られた株のチラホラみかけたんで
植生保護を考えると気ままに踏み入れられる所は
今後制限されても仕方がないかも
でも立入制限する事で群生密度も多くなるのでは?

まぁお金のかかる事なんで
このまま放置で群生の規模が
縮小していくことがない様願うばかりです
と言いつつ自分も株に触れない様に気をつけてはいたんですが
それでも根っこの部分とか踏みしてしまったかもです

では写真です
b0045109_20515101.jpg
JR近江中庄駅はICOCAに対応してました
そして歩き疲れを感じ始めた頃
期待を促す光景がちらりほらりと
b0045109_20544269.jpg
b0045109_20545864.jpg
b0045109_20551506.jpg
b0045109_20553033.jpg
b0045109_20554644.jpg
b0045109_20561352.jpg
b0045109_20563232.jpg
b0045109_20565814.jpg
桂浜園地へはデマンドバス方式の予約制乗り合いタクシーで
来ることもできたみたいですが
結局帰りも歩いて近江中庄駅へ戻りました

途中で貫川内湖も覗いたり北湖では特急サンダーバードが通るのまったりして
b0045109_21021951.jpg
時間を気にしなかったせいで
15時台の京都方面行き新快速を道で見送ってしまいました・・
b0045109_21042446.jpg
1時間近く飲み物の自販機もお店もない
ほんと何にもないところでぼーっと過ごしたって言うとなんですねぇ
うとうとしてたんで
案外速いこと時間は過ぎた感じです

ちょっと遅れて到着した16:53発の新快速で一気に京都駅へ
近鉄電車に乗り換えて18:30頃の帰宅となりました

# by makiof | 2017-09-23 21:10 | 遠足気分・・ちょっと遠くへ
2017 夏の18きっぷ 3日目 浜田から山口線経由で
ようやくの2日目の投稿が済んでから
随分日が経ってしまいましたが3日目とまいります


と言いましても・・・
ほとんど帰るための移動ってことで
ひたすら乗りっぱなしでした

3日目は浜田駅からのスタートです
b0045109_20402026.jpg
浜田駅10:08発益田行きに乗り
車窓の広がる山陰海岸の美しい景色を堪能〜
夏の日本海は穏やかです
b0045109_20445487.jpg
b0045109_20451081.jpg
b0045109_20453064.jpg
スマホでの撮影なんでちょっとぼやっとした絵になっています
1時間ほど乗って益田駅に到着です
b0045109_20472019.jpg
b0045109_20473673.jpg
前日三江線に乗車している時は浜田駅から宍道にて木次線に乗り換えて
新見〜岡山〜姫路〜京都と帰宅ルートを想定していたんですが・・

そういやぁ山口線って乗ったことがないなぁと思い出し
ルートを探ってみると新山口ー広島間を新幹線でワープすれば
なんとか18きっぷで京都へ戻れる!

そんなこんなで
益田駅に降り立ちまして山口線乗車となりました
山口線車中ではボックス席で一緒させていただいた
先輩お姉様から石見神楽の話を色々聞かせて頂きました

お囃子がリズミカルで神楽の舞も歌舞伎に通じる?ような
見得を切るって言うんでしょうかなんとも魅力的で
実物を是非観てみたいんです
息子さんも演じておられるようで
島根県各地域で結構お囃子に個性があるよとも教えて頂きました

そうこうしてるうちに
日陰側のボックス席へとお姉様はうつられまして・・

夏空の車窓を堪能しつつ
b0045109_23540352.jpg
b0045109_23541535.jpg
途中でSLやまぐち号にも出会いながら
b0045109_23500952.jpg
山口駅で列車を乗り換えて終着駅の新山口駅へ向かいます
b0045109_23503234.jpg
新山口駅て聞いてピンと来なかったんですが
30年ほど昔に秋吉台秋芳洞へ向かった時に降り立った小郡駅が
いつの頃か新山口駅と改名していたんですねぇ

新山口駅から広島駅まで一気にワープ
新幹線利用の為の18きっぷ旅から一時離脱します
b0045109_23543987.jpg
新幹線は容赦ないくらいに早いですねぇ〜
ただし18きっぷは使えないので、別途新山口駅ー広島駅間の
乗車券と特急券を購入する必要があります

広島から在来線へ戻り
18きっぷ旅に復帰します

広島駅から糸崎行きに乗り
糸崎から播州赤穂行きに乗り換えまして
播州赤穂からは新快速で一気に京都へ
自宅には21時半をちょっとばかり回った位の時間に到着です

18きっぷ3日目はひたすら鉄道乗りっぱなしな1日でした





# by makiof | 2017-09-15 00:17 | 旅の徒然なるを
2017 夏の18きっぷ 2日目
夏の18きっぷ1日目を投稿してから
随分と日が経ってしまいましたが・・・

ようやく2日目の投稿です

2日目目は福塩線の府中駅より三次で
三江線に乗り換えまして
三江線の終着駅の江津駅へと至りまして
三江線で粕淵駅へと引き返し

粕淵駅からは石見交通バス粕淵線で大田市駅へ
大田市駅からは山陰本線で浜田駅へ向かい
この日の終着駅としました


話を戻しまして
2日目目は府中駅よりスタートです
b0045109_18583394.jpg
b0045109_18590213.jpg
府中駅8:11の三次行きの車両は
府中ー三次間を折り返して走るキハ120系気動車です
早めに駅へ到着していたので座れましたが
立ち席の人も多く先が思いやられるかんじでしたが
進むにつれ地元の人がパラパラと降りて行くと
立っている人も居なくなり
束の間の安堵感も・・・
b0045109_19090174.jpg

三次駅に到着すると打ち砕かれることになりました
と言うか・・
辛うじて先頭貫通扉から2人目の位置に立つのが精一杯の混みよう
2時間近く立ち通しかと気が重くなるも
先頭のかぶりつきとはいかないでも
無理やり前に立っている人の懐の前に時折カメラを構えさせてもらいつつ
していると案外立っているのも気にならなかったです
b0045109_19211805.jpg
b0045109_19161348.jpg
b0045109_19215525.jpg
b0045109_19222332.jpg
b0045109_19225638.jpg
b0045109_19232817.jpg
b0045109_19235810.jpg
b0045109_19242867.jpg
2時間立ち通して石見川本駅に到着です
1時間ちょっとの休憩の後石見川本駅発の列車で江津へ向かいます

昼食をたべに町へ出てみました
渋い食堂で肉玉うどんを頂きました
普段は町の人向けに細々と営業されているんでしょうけど
なんかてんてこ舞いって感じで
お婆さんひとりでご苦労様そしてご馳走さまです

食後駅前の三江線おもてなしサロンに立ち寄って見たら
サロンの方が
乗ってきた列車のお客様さん150名ほど乗っていたそうと教えてくれました
駅に戻り
改札で地元の世話をされているかたとお話ししてると
運悪く次の列車の扉が開いて乗客がなだれ込んで行くのが見えましたが
貴重な話も聞けたのでまぁ仕方ないです
ってことで石見川本駅からも終着駅まで立ち通しでした
石見川本駅から最後部見送り風景を堪能しました

b0045109_19412073.jpg
b0045109_19415537.jpg
とはいえ良い場所は先客がしっかりいましたが
b0045109_19444760.jpg
b0045109_19451976.jpg
b0045109_19464014.jpg
廃線を待たずに鉄路を埋め行く夏草・・
b0045109_19481827.jpg
三江線のアキレス腱とも言える水門
江の川が危険水位に達すると締め切られるという
b0045109_19510795.jpg
b0045109_19521435.jpg
b0045109_19524224.jpg
これも線路断ち切る水門
b0045109_19535988.jpg
b0045109_19542532.jpg
b0045109_19545899.jpg
b0045109_19552069.jpg
b0045109_19552069.jpg
b0045109_19561740.jpg
b0045109_19564813.jpg
車窓が綺麗だけでは済まない三江線の現実
乗客減小に加え江の川の水害リスクも抱える路線のようです

江津駅に着いて折り返しの列車で粕淵駅まで戻ります
大阪から来られた父子連れさんと鉄旅の話題でもりあがりつつ
粕淵駅へ
父子連れさんは三次で泊まって
翌日は奥出雲おろち号に乗車とのことでした



b0045109_21094076.jpg
この列車は江津駅へ向かう列車です
これで折り返してもよかったのですが・・

粕淵駅からは路線バスで山陰本線の大田市駅へと向かいます
b0045109_21152691.jpg

b0045109_21162158.jpg
このバス路線もなかなか過疎ってる感じでしょうか
駅ら乗車は自分ひとりで途中で一人乗ってきたくらい・・
粕淵の町も鉄道駅とは無縁のところが開けていたので
鉄路存続が難しくなった一因でもあるんでしょうか・・

粕淵駅から大田市駅間は30分強の乗車でした
三瓶山系の連なりを乗り越えてゆく峠道を走り
日本海側の大田市駅へ至ります

b0045109_21231493.jpg
b0045109_21233567.jpg
大田市駅からは山陰本線で浜田駅へ
江津駅では粕淵駅で見送った江津行きの列車から西へ向かう人が
乗り換えて来るかと見ていましたが
乗り込んでくる人自体が少なかったので
三江線から西へ向かう人は少なかったのですかねぇ

大田市駅から浜田駅へは1時間ほど
駅前商店街にあるビジネスホテルにチェックインをすませて
ご当地ラーメンといわれるお店で夕食とりました
b0045109_21321783.jpg
ちょっとボリュウム有り過ぎでした

といことで3日目に続く〜









# by makiof | 2017-09-02 20:01 | 旅の徒然なるを